オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ

オケゲンの活動ブログ 記事一覧

新年のご挨拶 豊田市 オケゲン 塗装

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年に続き、今年もコロナ渦と戦いながらの営業をなります。今年からは、さらに皆様に新しい情報やお得な情報をお届けできるよう、計画を立てております。コロナ渦に負けず、頑張って参りますので、宜しくお願い申し上げます。 (2021.01.06 更新) 詳しく見る
スタッフブログ

外壁塗料の選び方で耐用年数が変わる  豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは。 外壁の塗料の素材や性能は実に様々ですが、耐久性の良いものを選ばないと、すぐに塗り替えや補修が必要になってしまいます。 特にモルタルの外壁で最も起こりやすいトラブルである「ひび割れ(クラック)」は、早めに対処しないと雨水を溜め込んでしまい、下地を傷める原因になります。 また住宅の外壁で最も主流なサイディングなら、サビの発生や、塗膜の劣化によって白い粉が現れる「チョーキング現象」などが起こります。 ひび割れやチョーキングなどの補修時には、必ず外壁の塗り替えが行われます。セメントモルタルの他、鉄・アルミ・木材・コンクリートなどの外壁は、塗料で皮膜を作ることにより、腐食や劣化を防いでいるのです。 日々風雨にさらされてしまう外壁は、家の中を守ってくれる重要な部位です。 好みの塗料を選ぶためには、この内の「合成樹脂」や「水性/油性」の違いについて理解しておくと安心です。 【合成樹脂(アクリル/ウレタン/シリコン/フッ素)の違い】 「合成樹脂」は、塗料選びの際のキーポイントになります。塗料の耐用年数・グレードを最も左右します。 合成樹脂には4種類あり、アクリル<ウレタン<シリコン<フッ素の順で耐久性が高くなります。 「シリコン塗料が良いらしい」「フッ素塗料は長年持つけど、高額」といった噂を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、これはまさに、合成樹脂によって劣化のしにくさが異なることを表しています。 【最近話題の「ハイブリッド塗料」とは?】 高機能な外壁塗料に「ハイブリッド塗料」というものがあります。ハイブリッドとは、性質の異なる複数の成分を混合・組み合わせることを意味します。 今回ご紹介する「ラジカル塗料」や「セラミック塗料」といった塗料は、シリコンなどの合成樹脂と、特有の成分を混合(ハイブリッド)して作られています。 例えば、シリコン樹脂と、セラミックという素材、それぞれの良さを活かした「シリコン+セラミックを混合したハイブリッド塗料」などがあります。 さらに、このような塗料はすべて「水性/油性」「1液型/2液型」に分けることができます。 【「水性塗料」と「油性(溶剤・弱溶剤)塗料」】 水性塗料と油性塗料は、塗装時に使用する「希釈剤(薄め液)」が異なります。水性塗料には水が、油性塗料にはシンナーなどの有機溶剤が用いられます。 長い間、油性のほうが耐久力があるとされ、外壁には「油性(溶剤)塗料」が採用され続けてきました。しかし、シンナーの強い臭いや、引火性、環境への影響を懸念する方もいらっしゃるでしょう。 そこで最近は、環境に優しい「水性塗料」や、弱いシンナーを活用して臭いや刺激を抑えた「弱溶剤」という種類の油性塗料の開発が進んでいます。現在は「水性塗料」「油性(溶剤・弱溶剤)塗料」ともに、長寿命で外装に利用しやすい商品が増えています。 (2020.12.24 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

外壁も大掃除 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは。 大掃除の季節ですね。家の中は綺麗にするけど、外壁までは…でも汚れが気になる…このまま目立つのは嫌だし、簡単に綺麗に落としたいな、とお考えの方も多いのではないでしょうか。 外壁は常に外気にさらされているため、年数が経つとどうしても汚れてしまいます。外壁の汚れを落とすことは、「美観保持」だけでなく「外壁を長持ちさせる・家の保護」にもなります。 外壁汚れ3つの原因 築数年も経つと気になってくる外壁の汚れは、主に3つの原因があります。 ①ホコリ・排気ガス、②カビ・コケ・藻、③雨だれ です。 黒、グレー、茶色っぽい汚れは主にホコリや排気ガスです。 特に細かな凹凸のある部分に引っかかって付着しやすいです。 また、この汚れは広い範囲に少しずつ溜まっていくので、住んでいる方も気づかないことがあります。 なんとなく家全体がくすんできたような…と思った場合は、ホコリや排気ガス汚れの可能性が有ります。 掃除しないで放っておくと、色素が吸着して落ちにくくなってしまいます。 気になってきたら汚れを洗い落としてあげましょう。 ②カビ・コケ・藻 緑色、黄色、黒系の汚れはカビやコケ、藻です。 湿気を好むため、日当りの悪い北面や、風通しの悪いところに繁殖します。 また、家庭菜園や花壇に面したところ、草木の多い公園に面したところは、カビ・コケ・藻の胞子が飛んできやすいです。 放っておくとどんどん外壁に根を張ってしまうため、落ちにくくなるうえ、外壁を弱らせてしまいます。 びっしりコケが生えてしまって大変…とならないうちに、早めに掃除しましょう。 ③雨だれ 窓サッシや出窓、換気フードの下などに縦に伸びる黒っぽい筋は、雨だれです。 外壁に着いたホコリなどの汚れが雨で流され、落ちきらないで残ってしまったものです。 水が流れやすい場所はずっと変わりませんから、汚れも雨が降るたび同じところに流れてきます。 放置すると汚れが濃くなってこびりついてしまいますので、ひどくなる前に落とすのが大切です。 外壁の掃除方法:ブラシ・スポンジで行いましょう。 ご自宅の台所用スポンジの場合は、柔らかい面を使いましょう。 固い面だと外壁や塗膜を傷つけてしまう可能性があります。 その他、車用のブラシやスポンジも柔らかくておすすめです。 また、2階など高いところも掃除したい方は、伸縮棒付きのブラシやモップも使いましょう。 ※脚立やハシゴを使っての掃除は落下の危険があるため、行わないでください! 掃除の手順 水で流す→落ちないものをブラシ+洗浄剤で洗うという順番です。 ホースで水を流し軽い汚れを落とす まずはホースで壁に水をかけ、表面に着いた軽いホコリなどを洗い流しましょう。汚れが流れ落ちてくるため、上の方から始め、徐々に下の方へと洗っていきます。 ブラシ・スポンジと洗浄剤で優しく洗う 水で落ちなかった汚れを、ブラシ・スポンジと洗浄剤を使って洗っていきます。 スプレー式の洗浄剤は、吹きつけて少し置いてからブラシ・スポンジで洗います。 中性洗剤の場合は、ぬるま湯で薄めてからブラシにつけて、汚れを落としていきます。 ポイントは、あまり強くごしごしと擦らないことです。 強く擦ると外壁を傷つけてしまいます。優しく拭くように汚れを洗い落としてあげましょう。 後にもう一度水をかけて洗い流し、完了です。 洗剤が残っていると変色や劣化の原因になる可能性があるので、きちんと全体を流してください。 頑固でなかなか落ちない汚れは、洗浄剤をつけて数時間置いてからまた洗い流してみましょう。 注意点 強く擦ると表面の塗装や外壁を傷つけて、また汚れが着きやすい状態になります。優しく拭くように洗いましょう。 洗浄剤は直接触れると手荒れの原因になる恐れがあります。ゴム手袋をして保護してあげましょう 高いところに水をかけると水しぶきが落ちてきます。目に汚れが入ったりしないように注意してください。 高圧洗浄のみはNG!やるなら必ず塗装もセットで行いましょう。 「汚れ落としなら高圧洗浄機を使えば早いんじゃない?」とお考えの方も多いと思います。 しかし、汚れを落とすために外壁の高圧洗浄を行うのはおすすめしません。 なぜなら、高圧洗浄をすると、外壁の表面を保護している塗装(塗膜)も一緒に落としてしまうからです。 外壁の塗装は、防水(水はじき)の役割を持っています。 防水効果がきちんとあるときは、多少の汚れがついても雨と一緒に流れ落ちてくれます。 新築時にあまり汚れが目立たないのは、塗装の防水が効いているからです。 しかし年数が経つと、塗装も劣化してきます。 防水効果も弱まり、壁が水を弾かないで吸い込むようになります。 すると、今まで落ちていた汚れも壁に吸着して黒ずみになったり、カビコケの胞子が根を張るようになるのです。 汚れを落とそうと高圧洗浄をすると、弱っていた残りの塗膜も落とされて、壁を守るものが何もなくなってしまい、逆にどんどん汚れやすくなります。 例えば女性なら、顔を洗った後に化粧水などを何もつけずに放置して、肌荒れが悪化するようなものなのです。 もし高圧洗浄をするなら、そのすぐあとに塗装をしてあげましょう。 外壁の汚れを一番防いでくれるのは“防水塗装”です。 (2020.12.23 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

外壁塗装は築10年が目安? 豊田市 塗装 オケゲン

みなさん、こんにちは。 今回は、築10年経ったけど、まだ、メンテナンスなんて必要ないよね、と思っている方へ少しでも、情報になればと思います。 一戸建て住宅は、だいたい築10年に突入した段階から、様々なメンテナンスを行わなければいけません。 外壁に限らずですが、モノであれば多くの場合、年月が経つと状態が悪くなりますよね。 外壁もモノである以上、長持ちする塗料が塗られていたとしても、必ず年月(や使われていた時間)の影響によって朽ちていきます。 あまり実感がないかもしれませんが、建物であれば紫外線・雨風・ホコリ・地震の揺れ・気温の変化が起こす収縮など自然環境が発生させるダメージを毎日自動的に受けるため、外壁と外壁に施された塗装を毎日使っている状態に。鉛筆だってパソコンだって、毎日使えばいずれ壊れてしまいますよね?外壁と塗装にも同じことが言えるため、タイミングを見計らってメンテナンスが必要となります。小さいモノと違って外壁は広範囲でメンテナンスにお金がかかるため、頻繁ではなく10年ごとが修繕目安となっています。 外壁塗装に深い関わりがある塗料の耐久性(耐用年数) 外壁塗装を行うためには、塗料を塗る必要がありますが、この塗り替え時に使用する塗料の耐久性(耐用年数)と呼ばれる、塗料の効果が保てる期間を示す時期が示されています。 各系統の塗料によって耐久性(耐用年数)が異なり、耐久性が高いものは費用相場も高くなっています。 あなたが新築を建てる際に、フッ素や遮熱などの効果が高い塗料を使っているのであればいいのですが、そうでなかった場合、アクリル・ウレタン・シリコンといった塗料の系統が使われているはずです。 その場合、約10年前後で耐久度が切れるため、塗装の時期である「外壁塗装は築10年」といった理由へ結びつく事に気づいてもらえたと思います。 新築時には建築費用を抑えるため、耐久度が低い塗料が使われることがあります。あなたの家が何の塗料を塗られているのか確認し、ウレタン・シリコンであれば、築10年ごろでメンテナンスが必要ということになります。アクリルだった場合はもっと早く2~3年後となります。 地域の環境的な違いだけでなく、あなたのお家が道路に面している・お隣さんと距離が近くて影ができる・近隣に草木がたくさんある、このような状況の違いによっても、劣化の仕方が変わってくるため、例えばあなたのお家とお隣さんのお家であっても、現れる症状が違う場合があります。 外壁塗装の目安が築10年と言われていますが、築10年以上もメンテナンスを行っていなかった場合はどうなるのでしょうか。 築10年で劣化症状が出ているのにメンテナンスをしなかった場合は、こんな事が起こるんです。 建物内部の劣化が激しく高額なリフォームをする事になった…。 あまりにも劣化が酷すぎて、モルタルがボロボロ、左官工事が必要になった…。 劣化が激しく、サイディングの張り替えをすることになった…。 築10年以上経っているのに何もメンテナンスを行っていなかった場合は、外壁材だけでなく建物内部にもかなりダメージが入っているため、高額なリフォームが必要になるかもしれません。 外壁塗装/屋根塗装/防水工事/に関するご相談はこちら※外構工事、内装工事も取り扱っています。 家に関する事、丸ごとご相談ください!! (2020.12.21 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ガルバニウム鋼板屋根メリット:豊田市 オケゲン 塗装

皆さん、こんにちは。 今回はガルバニウム鋼板の屋根についてです。 “ガルバリウム鋼板”とは、かんたんに言えば「錆びにくいメッキを塗った鋼の板」のことです。 金属の板はもともと耐久性がとても高いのですが、防錆性のあるメッキを塗ることで、さらに強くしたのがガルバリウム鋼板です。 ガルバリウムの特徴として、 金属なのに軽い 錆びにくい 耐久性が高い(25~30年程) 安い という点があります。 その高い耐久性や防錆性を活かして、屋根のほか外壁や雨樋、ベランダ周りにも用いられる素材です。厚みは違いますが自動車や船にも使われていて、その用途は多岐に渡ります。 ガルバリウム鋼板屋根のメリット ガルバリウム屋根のメリットは、大きくわけて4つあります。 高い耐震性 風災に強い 高い耐久性と防錆性 デザインが高い 地震が起きても安心!高い耐震性 屋根材にガルバリウムを使用することで、耐震性が高くなり、地震に強い家になります。 先にも紹介した通り、ガルバリウム鋼板は金属でありながらとっても軽い素材。日本のポピュラーな屋根材、和瓦の1/6〜1/10程の重さしかありません。 家の一番高いところである屋根を軽い素材にすることで、家の重心を下げることができるんです。 その結果、揺れが起こっても家を支える部分(基礎部分や柱)に負担がかからず、地震に強い、丈夫な家になるんです。 強風がふいても安心!風災に強い ガルバリウムは地震のほか、台風、突風、竜巻などの風災にも非常に強いです。 その秘密は施工方法にあります。ガルバリウム屋根は鋼板の1枚1枚をかみ合わせて施工するため、ズレたり、飛ばされたりということ起こりにくいんです。 強い風がふいても安心の屋根になります。 耐用年数は25年〜30年以上!高い耐久性と防錆性 ガルバリウム鋼板屋根は耐久性が非常に高く、耐用年数は25年〜30年と言われています。同じく屋根で使われるスレート(粘土とセメントでできた屋根)の寿命は10年〜20年ですので、10年〜15年ほど長持ちする計算です。 とはいえ、継ぎ目や周辺部品は紫外線で劣化してしまいます。長く住んでいれば強風で飛ばされたものが屋根に当たる可能性だってあるでしょう。 ガルバリウム屋根の寿命は25年〜30年ではありますが、10年に一度は業者に屋根の状態をみてもらうことをおすすめします。 見た目がスッキリ!デザイン性が高い これは好みの話ですが、見た目がすっきりとした印象になるので、都会的な雰囲気の家にしたい方にはピッタリな屋根材になります。 瓦のように凹凸がなく、基本的に同色で統一するので見た目に統一感があります。スッキリとした印象になりますよ。 (2020.12.18 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ガルバニウム鋼板の外壁 豊田市 塗装 オケゲン

みなさん、こんにちは。 今回は、最近の新築でよく見る外壁「ガルバニウム鋼板」についてです。 外壁で使うガルバリウム鋼板の特徴 ガルバリウム鋼板とは、アメリカで開発された、アルミニウムと亜鉛合金のメッキ鋼板です。 アルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコンが1.6%で作られています。 軽量で耐久性が高いため金属製の外壁材として人気があります。 また、屋根材としての需要も高いです。 ガルバリウム鋼板の外壁材は「金属系サイディング」と呼ばれ、断熱材がセットになっている場合が多いでしょう。 ガルバリウム鋼板の耐用年数 外壁で使うガルバリウム鋼板は20〜25年程度の耐用年数があります。 耐用年数とは、ガルバリウム鋼板の交換目安となる期間のことです。 ただし、ガルバリウム鋼板の外壁は10〜15年ごとに塗装メンテナンスが必要です。 定期的にメンテナンスをしなければ耐用年数は短くなるでしょう。 他の外壁材と比較したガルバリウム鋼板のメリットとデメリット 外壁をガルバリウム鋼板にするメリット  1.金属材のなかでは錆びにくい  2.防水性が高い  3.軽量で耐震性が高い 1.金属材のなかでは錆びにくい ガルバリウム鋼板はアルミニウムが主原料のため、トタンといった他の金属外壁材に比べて非常に錆びにくいです。 2.防水性が高い ガルバリウム鋼板は窯業系サイディングやALC外壁と比較して隙間が少ないため、水が内部に入り込みにくく雨漏りの発生を防ぎやすいでしょう。 3.軽量で耐震性が高い 外壁材は軽量であるほど地震に強くなります。 ガルバリウム鋼板は外壁材のなかで特に軽量なため、耐震性が高い住宅にできるでしょう。 外壁をガルバリウム鋼板にするデメリット  1.傷がつきやすい  2.デザイン性が低い 1.傷がつきやすい ガルバリウム鋼板は表面のメッキが薄いため、傷がつくと錆びてしまいます。 このため、運搬や施工時には細心の注意が必要です。 2.デザイン性が低い ガルバリウム鋼板は金属の質感によりシンプルなデザインをしています。 シックな住宅を作るのでしたら最適ですが、模様のバリエーションは窯業系サイディングより少ないと言えるでしょう。 ガルバリウム鋼板の外壁が向いているケース  ・シックな金属風デザインの外壁にしたいとき  ・建物への負担を減らすために軽量な外壁材を使いたいとき ガルバリウム鋼板の外壁は無機質な印象を受けるため、格調高い印象の住宅にしたい場合に適しています。 また、非常に軽量な外壁材ですので建物への負担を軽減できるでしょう。 (2020.12.17 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ALC壁 豊田市 オケゲン 塗装

皆さん、こんにちは。 住宅に使用される外壁材には、サイディングボードやモルタル塗り壁などさまざまな種類があります。ALCパネルも外壁材として使用される素材のひとつで、優れた機能があることから注目を集めています。 ALCは(Autoclaved Lightweight aerated Concrete)の頭文字をとった名称になり、高温高圧蒸気養生した軽量気泡コンクリートのことです。ALCの主成分は珪石、セメント、生石灰などが主原料になり、ALC内部に気泡を含んでいるのが特徴です。 ALCパネルは厚みの違う種類がある ALCパネルは厚型と薄型の2種類に分けることができます。 薄型:厚さ35mm~75mm未満(主に木造や鉄骨造に使用)厚型:厚さ75mm以上(主に鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの耐火建築物に使用) それぞれ一般パネルとコーナーパネルの2種類があり、さらに表面加工の異なる平パネルと意匠パネルに分けられます。 メリット 耐久性が高い ALC外壁は耐久性が高く、地震にも強いメリットがあります。ALC外壁を適切な条件で使用し、定期的なメンテナンスを行った場合、ALCパネル自体の耐用年数は50年を超えるといわれています。建て替えを行うよりも、メンテナンスをしながら長く住みたいという方にはぴったりの外壁材です。 断熱性・耐火性に優れている ALC外壁は内部の気泡が空気の層を作るため、熱伝導率が低く断熱性が高い素材です。通常のコンクリートの約10倍も断熱性があるといわれていることから、断熱材と併用すると夏場は涼しく冬場は暖かい住宅環境を維持しやすくなります。燃えにくい耐火構造を有しているため、耐火性・防火性も優れています。また、無機質な原料で作られていることから、万が一火災が起きた場合にも有害物質を発生させません。 軽量で遮音性が高い ALC外壁は通常のコンクリートに比べて重量が1/4程度しかないのが特徴のひとつです。軽量でありながら強度があり、遮音性が高いメリットがあります。内部の気泡が音を吸収するため、騒音のある環境でも住宅内に音が伝わりにくく、プライバシーの保護にも役立ちます。 つなぎ目が多い ALCパネルはモルタルなどの塗り壁とは異なり、建物に取り付けていく外壁材のため、パネル同士のつなぎ目が多いのが特徴です。ALCパネルのように取り付ける外壁材にはサイディングボードがありますが、ALCパネルの方がサイズが小さく設計されているので、その分つなぎ目が多く雨漏りリスクが高いデメリットがあります。ALC外壁の劣化を防ぐには、シーリング材でつなぎ目をしっかりと埋めることが大切です。 防水性が低い ALCパネルは吸水性の高い素材のため、耐候性が低いデメリットがあります。内部の気泡部分に水が侵入してしまうと、膨張やひび割れの原因となって修復が難しくなるケースもあるので注意しましょう。ALCパネルは耐久性の高い素材ですが、ALCパネル自体やシーリングの劣化を防ぐためには塗装をして防水性を高める必要があります。 他の外壁材より費用がかかる 外壁材としての機能が高く耐久性もあるALCパネルは、他の外壁材と比べると価格が高い傾向があります。 【外壁材の価格目安】窯業系サイディング:3,000円〜金属系サイディング:4,000円〜モルタル:4,500円〜ALCパネル:7,500円〜 耐用年数が長いためコストパフォーマンスが良いメリットもありますが、定期的なメンテナンス費用がかかることからトータルコストを考慮しておきましょう。 時期や地域などにもより価格は変動する可能性があり、価格相場は目安です。 ALC外壁・塗装時の注意点 ALC外壁の機能性を保つには塗装メンテナンスが欠かせません。ALC塗装をする際にはいくつかの注意点があるのでチェックしておきましょう。 外壁表面は防水塗料で保護する ALC外壁の防水性の低さは仕上げ材の防水機能で補います。仕上げ材に使用する塗料は防水性・弾性の高いものを選ぶのがポイントです。一般的には水性のシリコン系やフッ素系、ウレタン系、アクリル系塗料が使用されます。塗料は種類によって価格が異なり、フッ素塗料やシリコン塗料は価格が高くなりますが、その分寿命が長いため塗り替え頻度が少なく済むメリットがあります。塗料の性能によってALCパネルの耐久性も変わってくるので、業者と相談して適した塗料を選びましょう。 塗装時はシーリング材の点検も行う ALCパネルの目地はシーリング材を注入して埋めていきます。雨水の浸入を防ぐには、たっぷりとシーリング材を注入することが大切ですが、適正なシーリングの厚みが守られていないと劣化を早める可能性があります。シーリング材は経年劣化によってひび割れや肉痩せが起こるため、外壁の塗装をする際などに併せて点検を行うことをおすすめします。。補修が必要となった場合の方法としては「増し打ち」と「打ち替え」の2種類があります。 増し打ち:既存のシーリングの上に新しいシーリング材を充填する方法打ち替え:既存のシーリング材を撤去し、新しいシーリング材を打ち直す方法 外壁の塗り替えをする際はシーリング材の状態もチェックして、早期劣化を防ぎましょう。 定期的な点検・メンテナンスがポイント ALCパネルの劣化を防ぐには、定期的な点検を行い、適切なメンテナンスを行うのが重要です。ALCパネルのメンテナンスは症状が出る前に行うのが大切なので、5〜10年程度を目安に点検をし、塗り替えを行うのがおすすめです。また、ALCパネル自体が破損している場合は専用の補修材などで修復する必要があります。 塗装の色あせや塗膜剥離、シーリングの劣化、ALCパネルのひび割れや欠損などがあった場合は、年数に関わらず早めに対処しましょう。 (2020.12.10 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

汚れが目立たない外壁の色 豊田市 塗装 オケゲン

みなさん、こんにちは。 外壁塗装を考える時、特に気になることのひとつが「色」だと思います。 一度塗り替えをすれば、その後かなり長い期間を選んだ色の外壁に囲まれて生活するわけですから、これは慎重にならざるを得ませんよね。 まず避けた方が良い色は、ずばり「真っ白」と「黒」です。 これは車のボディカラーを考えていただければわかりやすいかと思います。 黒や濃紺のような系統の色の車体は、傷や汚れ、埃などが他の色よりも目立ちやすいですよね。 逆に純白な車体も埃や傷がつけばとても目立ちます。 同様に外壁の塗料も黒やダークブラウンにすると、汚れがついた場合目立ちやすく、純白色にすれば、雨が降った後に縦縞模様がついてしまうことがあるのです。 本来、どんな色の塗料を選ぶかは施主様の自由。好きな色に塗られた家で暮らしたい!そうすることで、施主様が心から満足され、気持ちよく生活できるのであれば何色を選んでも良いとは言えますが、汚れが目立たない色が良いというはっきりした意思がある方におすすめできるのが、アイボリー(象牙色)、ライトブラウン(薄茶)、ベージュ、グレーです。 ⚪︎アイボリー(象牙色) ⚪︎ライトブラウン ⚪︎ベージュ ⚪︎グレー どの色も煤煙や黄砂などの汚れが付着しても、あまり目立ちません。 また、事前に色見本を見る時の注意点として、見本で見る色と実際に外壁に塗られた色の見え方(鮮やかさ)が異なることが多いのを心に留めておいてください。 これは面積効果という、一種の目の錯覚から生じる現象で、小さな色見本で見た色を広い面積に塗ると、見本よりも色がかなり薄く見えることを言います。 ですから色を選ぶ場合にはできるだけ、「仕上がりイメージ」よりもやや暗めの色見本で色を指定することをおすすめします。 (2020.12.04 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

クリア塗装 豊田市 塗装 オケゲン

みなさん、こんにちは。 元のデザインや風合いを維持することができるクリア塗装は、最近人気が出てきている塗装方法です。 クリア塗装(クリヤー塗装)」とは、顔料を含まない無色透明な塗料を使って塗装することを言います。 現在の外壁の風合いや意匠性、デザインなどを維持できるため、レンガ調・タイル調・石目調などのサイディングをはじめ、モルタル・タイル・コンクリートなどの外壁におすすめの塗装方法です。 ただし、外壁の素材や状態によっては、クリア塗装が適さない場合もあります。 透明な塗料なのであれば、どのような外壁にも塗装できそうに思われるかもしれませんが、クリア塗装には向き不向きがあります。 向いている外壁 【劣化が少ない外壁】 無色透明で外壁の意匠性が損なわれないということは、ひび割れやチョーキング(白く粉を吹く状態)などの劣化がそのまま残るということでもあります。 そのため、クリア塗装は劣化が少ないうちに行うのが一番だと言えます。 【窯業系サイディング/モルタル/コンクリートなどの外壁材】 現在、外壁材の主流とされる窯業系サイディングは、レンガ調・タイル調・石目調など、デザインの種類が豊富です。 このようなサイディングのデザインを残したい場合に、透明なクリア塗装が大いに活躍します。 また、上の画像のようなモルタルの外壁や、コンクリートなどに適した塗料もあります。 不向きな外壁 【光触媒やフッ素塗料などでコーティングされた外壁】 表面に光触媒・フッ素・無機などのコーティングが施されている外壁は、クリア塗装が付着しづらく、塗膜が剥がれやすくなる可能性があります。 ただ、最近では特殊コーティングに対応した下地材もありますので、施工可能かどうか業者に判断してもらいましょう。 【金属系サイディングの外壁材】 金属系サイディングは、表面がつるつるしていて密着性が悪いため、クリア塗装とはあまり相性がよくありません。 また、顔料入りの塗料で錆止め塗装が必要な場合もあるので、クリア塗装ができない場合が多いのです。 【劣化が激しい外壁】 クリア塗装は外壁に発生している劣化が透けて見えてしまいます。 補修を行ったとしても、その補修跡を隠すことはできないため、劣化が激しい外壁には向いていません。 (2020.11.27 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識