オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ

オケゲンの活動ブログ 記事一覧

ALC外壁を使用する際の注意点 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは!金曜日です。一週間お疲れ様でした。ストレッチしながら、乗り切りましょう。 今回は、「ALC外壁を使用する際の注意点」についてお話したいと思います。 ◇注意点◇ ①:防水性の高い塗料を使用する→ALC外壁は、吸収性が高く水分を吸収しやすいため外壁に塗装する塗料は、防水性の高いものを使用することが重要となってきます。コストパフォーマンスが高いシリコン系塗料はじめ、フッ素やウレタン塗料といったものを使用することをオススメします。 ②:こまめなメンテナンスが必要→ALC外壁は、塗膜が劣化してくるとすぐに雨水が侵入して内部にダメージを及ぼしてしまいます。その為、定期的なメンテナンスが必要となってきます。年数で言えば、メンテナンスのサイクルは約10年程度ですが、お住まいの地域などによってはこれより早まる場合も十分に考えられますので、劣化状態をチェックすることが大事になってきます。 お住まいの事でお困り事がありましたらお気軽にお問い合わせください。 (2020.09.11 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ALC外壁のデメリット 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは。木曜日です。今朝は涼しかったですね。過ごしやすい季節がやってきましたね。 今回は、「ALC外壁のデメリット」についてお話したいと思います。 ★デメリット★ ①:吸水性が高い→ALC外壁は、水分を吸収しやすい性質を持っているため、外壁の塗膜が劣化している場合には雨水が建物の内部に侵入して酷い劣化を起こす可能性があります。対処としては、定期的なメンテナンスを行い外壁を保護しておく必要があります。 ②:費用価格が高い→一般的に使われているサイディング・モルタルに比べるとALC外壁は、約1.5倍から2倍程の費用がかかります。なぜ高いのかといえば、耐久性の高さゆえ価格が高くなってしまうのは必然的だと言えます。初期費用にあまりお金をかけられないという方は、検討が必要になってきます。しかし、その高い耐久性によってトータルコストが安くなるという場合もありますので、この辺は最初によく考えておく事をオススメします。 次回は、ALC外壁を使用する際の注意点についてお話したいと思います。 お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2020.09.10 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ALC外壁のメリット 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは!水曜日です。まだお天気もっていますね。これから、ゆっくり崩れるようですので、これからお出かけの方は傘を忘れずにお出かけくださいね。 今回は、「ALC外壁のメリット」についてお話したいと思います。 ☆メリット☆ ①:高い耐久性→ALC外壁のメリットはとして、1番最初に挙げられるのは高い「耐久性」でしょう。こまめにメンテナンスを行えば、約50年程度は外壁の張り替えなどをせずにお家に住むことができると言われています。その高い耐久性は、他の外壁材と比べても優れています。 ②:高い断熱性→2つ目のメリットは、高い「断熱性」です。この高い断熱性のおかげで外部の気温や季節による温度変化の影響が受けづらくなります。その為、少し建物内部で温度調節をしてあげればそのまま温度を保つことができます。エアコンの電気代を少し節約したいと考えている方にオススメです。 ③:耐火性・遮音性に優れている→主成分がコンクリートということもあり耐火性がとても高く、周辺で火事が起きたとしても建物が燃えにくいため中にいる人の安全を確保することができます。さらに、ALC外壁は耐火性だけでなく遮音性にも優れており、内部の気泡によって音を吸収し音を通しにくくする性質をもっています。外の音が気になる方や道路に面している所にお家が建っている方にオススメです。 ④:軽い→ALC外壁は、コンクリートの1種ですが、その軽量さが売りの資材です。この軽さから建物に対する負荷を少なくし、建物全体の耐久性や耐震性などを向上させる効力があります。 次回は「ALC外壁のデメリット」についてお話したいと思います。 お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2020.09.09 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ALC外壁の塗替え時期と劣化の症状 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは。台風の影響で、昨夜から雨風共に激しくなる時がありますね。まだまだ台風の影響での低気圧で豪雨が予報されています。身を守る行動でいましょう。 今回は、「ALC外壁の塗替え時期と劣化の症状」についてお話したいと思います。 ALC外壁とは、ヨーロッパを中心に普及した建材で、「軽量気泡コンクリート」を意味します。高温で発泡加工しており内部に気泡が空いているため、その名の通り、非常に軽いのが一番の特徴(一般的なコンクリートの約1/4の重量)です。国外では北極圏から砂漠地帯まで、国内では東京スカイツリーや東京都庁でも使われています。 また、そのALCパネルの代表的製品には、旭化成のへーベルハウスに使われる、へーベルパワーボードなどがあります。 ☆ALC外壁の塗替え時期と劣化の症状☆ ①:塗膜の浮きや剥がれ→外壁の塗膜の浮き・剥がれが発生している場合には要注意です。というのもこの状態になっている場合、このまま放置しておくと雨水などが内部に侵入してしまい酷い場合には、雨漏りなどを起こす可能性があります。 ②:シーリングの劣化→外壁の目地の部分にある「シーリング」と呼ばれる資材が劣化している場合も注意が必要です。外壁材の繋ぎ目にあるシーリング材が塗膜の劣化によってヒビ割れたりするとそこから雨水が侵入してしまい、建物内部にダメージが及んでしまう可能性があります。 ③:その他の劣化について→チョーキング現象やカビ・コケなどが発生している場合、ALC外壁材自体に劣化が見られるような場合も劣化のサインと塗り替えのサインの目安として見て下さい。このALC外壁のメンテナンスの時期としては、約10年程度と言われますがここでご紹介したような劣化の症状が見られるような場合には、すぐに業者に見てもらうことをオススメします。 ペイントスタジオは、どんなトラブルでも迅速に対応致します。お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2020.09.07 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

プライマー以外の下塗り剤 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは!日曜日です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。思ったより、この東海地方天気がいいですね。夕方からこの地方も台風の影響があるみたいなので、この天気がいいうちに、備えておく必要ありますね。 今回は、プライマー以外の下塗り剤についてお話したいと思います。 ☆プライマー以外の下塗り剤☆ ①:シーラー→シーラーとは、あくまで下塗り塗料の1つであり上塗り塗料の密着性を高める効果はプライマーと同じです。特徴としては、上塗り塗料が下地に吸い込まれるのを防ぎ均一に塗料を密着させる効果があります。また、塗料の吸込みが激しい外壁においてはシーラーそのものが吸い込まれてしまい下地剤の効果を発揮できない場合があります。上記のような場合には、浸透性が高い「合成樹脂エマルション型浸透性シーラー」などを選択することをオススメします。 ②:フィラー→フィラーの特徴としては、外壁の凹凸を平らにして整える効果があります。ローラーで厚く塗る事で、表面のデコボコを埋めて滑らかにします。フィラーの中でよく使用されるのが「微弾性フィラー」と呼ばれるもので、フィラーとシーラーの機能を兼ね備えている為ひび割れ部分に入り込んでクラックを起こしづらくする効果があります。 上記の下塗り剤以外にバインダー・サーフェイサー・プラサフなど用途によって使用される下塗り剤が変わってきます。 お住まいの事でお困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせください。 (2020.09.06 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

プライマーの種類 豊田市 オケゲン 塗装

皆さん、こんにちは!木曜日です。昨日からこの東海地方も台風の影響を受けるようになりましたね。いつもより豪雨が続くと、雨漏りしやすくなります。天井にしみがある…と一度上を見上げてみて確かめて下さい。天井裏の木が腐食している場合があります。症状は小さなうちに直しましょう。 今回は、プライマーの種類についてお話したいと思います。 ☆プライマーの種類☆ ①浸透性プライマー→主に、コンクリートやセメントモルタル、スレートなどに使用される下塗り剤です。特徴としては、雨などで劣化した表面から奥深くまで浸透し下地をしっかりと補強してくれる為より上塗り塗料との密着性を高めてくれる効果があります。 ②防錆用プライマー→サビなどが発生しやすい鉄部(金属面)において効果を発揮する下塗り剤です。特徴としては、上塗り塗料との密着性を高めるだけでなくサビ防止にも効果があります。また、通常は下地処理でサビを落としてから下塗り剤を塗布するのですが、この防錆プライマーは、既に発生しているサビにも効果がある為ケレン作業の費用や労力も少なく済みます。 ③導電性プライマー→導電性に優れた下塗り剤です。精密機器を扱うような工場などでは、電気を溜めてしまうと問題が起こることもあります。そのような場所では、この導電性プライマーが使われることがあります。 お住まいの事でお困り事やお悩み事がある方は、お気軽にお問い合わせください。 (2020.09.03 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

台風が発生していますね 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは!水曜日です。午前中は、お天気よさそうですが、午後から崩れる予報ですね。これから、台風のの季節ですね。 平年では8月から上陸しておりましたが、今年はこれからのようですね。海面温度も、静岡なのに沖縄の温度と同じ位だとか。こんなに高いと、台風の勢力もあがったまま上陸し、災害もひどくなるとニュースで言っていました。昨年も台風の各地の被害が報道されていましたね。今年も、同じような大きな台風が上陸するとされています。防災グッズにあわせて、お家の対策も備えられる方が増えています。昨年の千葉の被害では、築年数の経ったお家の屋根が飛んだや雨漏りが多く起こっていました。そのニュースもあり、気になる方が増えてきたのかもしれません。オケゲンでは、外壁塗装の他にも、防水工事、ベランダ修繕工事、雨戸などの修繕や交換も承っています。 お気軽にお問い合わせ下さい。 (2020.09.02 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

プライマーとは? 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんには。8月最終日の月曜日です。まだまだカンカン照りの暑さですね。でも、隣の神社では、ツクツクボウシが鳴くようになりました。秋が気配が来ていますね。まだまだ暑いので、体調に気を付けて今週も頑張りましょう。 今回は、「プライマー」についてご説明していきたいと思います。 まずプライマーとは、下塗り塗料の1つになります。外壁塗装や屋根塗装では、通常3回の塗装工程を行います。外壁塗装の工程では、下塗り・中塗り・上塗りと3回の工程がありそのうちプライマーは1番最初の下塗りに該当します。 ☆プライマーの役割☆→プライマーは、下塗り剤の1つなので上から塗布する塗料の密着度を高める接着剤のような役割があります。その為、プライマーを使わないで塗装を行うことはまずありえません。下塗りを行わないとしっかりと塗膜が密着せず、施工不良としてトラブルが起きる可能性があります。 次回は、プライマーの種類についてお話したいと思います。 お住まいの事でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。 (2020.08.31 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

備えましょう 豊田市 塗装 オケゲン

皆さん、こんにちは!日曜日ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。毎日暑いですね…体がこたえますね…でも沖縄の方では台風が接近するようになりましたね。近年では台風の被害が多くなってきています。それほど、台風が大きくなってきているんでしょうね。台風が来る前に、備えておくことが大事ですね。一度、家の外廻りを回ってみて、気になるところがあれば、弊社へお気軽にご連絡下さい。お見積りは無料です。どのくらい費用がかかるか、確認するのもいいかもしれませんね。気になる所以外にも直した方がいい所が見つかるかもしれません。皆さんのお役に立てるよう頑張らせて頂きます! (2020.08.30 更新) 詳しく見る
スタッフブログ