オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識

外壁屋根塗装の豆知識の記事一覧

断熱塗料の種類 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、断熱塗料の種類をご紹介したいと思います。 前回のブログをまだ見ていない方はコチラ☟☟■遮熱塗料と断熱塗料の違いとは? 断熱塗料その1:ガイナガイナは、外壁塗装や屋根塗装で断熱・遮熱塗料を使用する時によく使われている有名な塗料になります。断熱効果及び遮熱効果がとても高く、冬場は暖房をつけるだけで室内がすぐ温まり、夏場は家の中の冷気を逃げにくくする効果が期待できます。デメリットとしては、単価が通常の塗料より高くなる点が挙げられます。しかし、単価が高く耐用年数が15年~20年程度と長いものだと、冷暖房の節約にもつながり長い目で見たときにコストパフォーマンスが高い塗料だと言えます。※1㎡あたりの単価:4000円前後 断熱塗料その2:キルコート キルコートは、ガイナに続く機能性塗料としても知られるぐらい遮熱性や断熱性の効果が期待できる塗料になります。キルコートの1番の特徴としては、伸縮性が挙げられるので、多少のヒビ割れが起きたとしても塗膜が伸びることで対応することが可能になります。また、耐用年数も15年程度と言われています。デメリットとしては、一般塗料に比べて少し費用がかかります。しかし、耐用年数も長くガイナと同じ程度の効果が期待できるので冷暖房の節約につながり、断熱塗料として長い目で見たときにコストパフォーマンスが高い塗料だと言えます。※1㎡あたりの単価:3000円~5000円 断熱塗料その3:アドグリーンコートアドグリーンコートは、どちらかというと遮熱塗料になり遮熱効果と放熱効果が期待でき、国際特許を取得した塗料になります。断熱塗料ではないので、基本的には夏場に効果を発揮し冷房の使用を抑え費用が最小限になる他、ECOな点にも優秀と言える塗料です。また、濃色での塗装が可能なので見た目にこだわりたい方にもオススメです。デメリットとしては、耐用年数が8年~10年程度と他の塗料に比べてあまり長くないのと、断熱効果は期待できません。長い目で見た時にコストパフォーマンスが高いとは言えないので、使用する際はよくご検討ください。平均単価はやや低めとなっています。※1㎡あたりの単価:3000円~4000円 塗料にはそれぞれ効果・耐用年数・単価が異なってきますので使用する際はご家族とよく ご検討していただくことをオススメします。その際に、分からない事や気になる事・ご相談したい事がある方はお気軽にお問い合わせ下さい(^^)塗装のプロフェッショナルが皆様のお悩みを解決いたします!!! (2019.05.20 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

塗料について 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、皆さんが一番気になっているであろう塗料について掘り下げていこうと思います! 外壁塗装・屋根塗装はものに残らない工事になるので何が何だかわからない方が多いと思います。前回紹介したシリコン、フッ素、無機と塗料だけ見ても違いが判らないと思います。ではなんで見た目も一緒なのに耐候年数が違うのか。このことについて話していこうと思います! 唯一違うのが中に入っている粒子の数の違いです。これによって耐候年数が変わってきます。中に入っている粒子の数が多いほうが耐久年数が高くなります。塗料の主な劣化原因は紫外線によるものです。なので中に入っている粒子が多ければ多いほど紫外線を多く反射してくれるので耐候年数が高くなります。 次にいざ塗装をするとなったときに一番悩むであろう色決めについてお話しようと思います。外壁・屋根に塗る塗料の色の種類は約600色近くあります。この中から一色を決めるのはいろいろと悩むだろうし難しいと思います。そこで一つのアドバイスとして先ほど話した耐候年数を考えながら色の提案をしたいと思います。せっかく高いお金を出して塗装をしたのに早い段階で劣化したら意味がないと思います。もし色決めで迷ったら白系統をおススメします!ではなぜ白色なのか。先ほど言ったように塗料の劣化の原因は紫外線によるものです。黒色は紫外線の反射率が低く、白色は紫外線の反射率が高いのです。なのでもし塗料の色決めで迷ったときは白系統を選んでみてはいかがでしょうか!もちろん一番はお客様が気に入った色で塗装するのがいいのですがもし迷った際はぜひこのことを思い出してみてください。笑 いかがだったでしょうか!今回は塗料の事について少し掘り下げてみました! お住いでお困りの事、気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください! (2019.05.19 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

遮熱塗料と断熱塗料の違いとは? 豊田市 オケゲン

皆さん!こんにちは(^^♪ 突然ですが…皆さん遮熱塗料と断熱塗料とは何かご存知でしょうか?名前を聞いて「どんな効果があるの?」「遮熱と断熱どっちの方がいいの?」などと疑問に思う方もいるかと思います。今日は、そんな疑問を解決できるように遮熱塗料と断熱塗料の違いについてご紹介したいと思います(^^) まず、外壁塗装や屋根塗装で使用されるたくさんの塗料の中で熱に対する効果が期待できる塗料が2種類あります。それが遮熱塗料と断熱塗料です。【遮熱塗料】とは、太陽光を反射して熱を家の中に入れづらくさせる効果があります。耐用年数はおおよそ10年~20年程度と言われています。熱を放出しやすい性質なので夏場は大変重宝しますが、効果的には熱を吸収しづらい効果があるというだけで家の中の熱を閉じ込める効果はありません。つまり、温度上昇を回避できる効果が期待できます。 【断熱塗料】とは、熱伝導を抑える効果があります。 耐用年数はおおよそ15年~20年程度と言われています。「遮熱塗料」と異なり熱を反射させるのではなく、熱を伝えにくくする効果があります。外からの熱を伝えづらくする効果があるとともに、家の中の熱が外に流れづらい効果が期待できます。遮熱塗料と比較すると夏場は家の中の温度上昇を防ぐことが可能で、冬場は家の中の暖気が外部へ逃げづらくする効果があります。遮熱塗料<断熱塗料つまり、遮熱塗料より断熱塗料の方が「断熱力」が高いと言えます。外壁塗装や屋根塗装をする時に塗料を選ぶ際は、これを参考にしてみてください。 (2019.05.18 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

なぜ、外壁塗装の浮きや剥がれが起きるの?part2 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは(^^♪ 今回は、前回のブログの続きで外壁塗装に関する豆知識をご紹介したいと思います。前回ご紹介した外壁塗装の浮きや剥がれが起きる原因の6つあるうち、3つの原因についてお話ししました。 覚えていない方、初めて今日ブログを見る方はこちらをご覧ください。↓↓↓ ▼なぜ、浮き・剥がれが起きるの?part1▼ 今日は、前回紹介できなかった残りの3つの原因をご紹介したいと思います。 原因4:塗料の下塗りの施工不具合によるもの下処理が終了すると、ここから塗装作業に入ります。外壁塗装では3回に分けて塗装を行っていきます。まずは、下塗りと呼ばれる作業を行います。この時に、現状の外壁などの劣化状態を見て適切な下塗り材を選ぶ必要があります。ここで適切な下塗り材を選ばないと、あとから塗る塗料がしっかりと密着せず早い段階で劣化が見られるようになってしまいます。また、塗料の材質もですが、塗装する際の塗料の量や塗装方法も適切に行う必要があります。塗料には、適切な量や塗装方法などが決められています。これらを守るとともに、当日の天候やお客様の住んでいる地域などを考慮して適切に塗装をする必要があります。 原因5:住んでいる地域などによるもの  外壁や屋根の塗装には、住んでいる地域によっても劣化の進行具合が異なってきます。海の近くや豪雪地帯に家がある場合は、比較的他の地方の方に比べて劣化の進行が早い事が多いです。湿気や雨、雪などは外壁や屋根の劣化を早める原因にもなってきます。費用的に悩ましい所ですが、このような地域にお住まいの方は使用する塗料などよく検討をして長持ちさせることをオススメします。 原因6:経年劣化によるもの  外壁・屋根はある程度の時間が経てば必ず劣化してきます。外壁塗装の塗り替え時期は、だいたい10年程度と言われています。つまり、この10年という期間に一度塗装をする事をオススメします。もちろん、劣化具合や使用している塗料によっては塗り替えの時期が異なってきます。現在、浮きや剥がれが気になるという方で前回塗装をしてから10年程経っている方は塗り替えのサインです。外壁の浮きや剥がれを放っておくと、とても危険です!浮きや剥がれがある場所に雨や風が直接あたってしまうと更なる劣化の原因にもなります。劣化部分が悪化してしまうと、外壁の浮きや剥がれた箇所から雨水が侵入して、内部が腐ってしまいひどい場合だと雨漏りや腐食などを起こす可能性があり多額な費用がかかってしまうのでご注意ください。 そうならないように早めのメンテナンスが必要です。弊社では、塗装のプロフェッショナルによる無料点検も実施中!少しでも外壁・屋根で気になる事があれば、お気軽にお問い合わせください(^^)無料で点検からお見積りまで責任を持ってご提案させていただきます!   (2019.05.17 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

なぜ、外壁塗装の浮きや剥がれが起きるの?part1 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 突然ですが…皆さん!どうして、外壁塗装の浮きや剥がれが起きるのかご存知ですか?新しく家を購入して約10年。そろそろ外壁や屋根の塗装時期という事で、多額の費用をかけて全て綺麗にしてもらったからしばらくは安心だろうと思っていたところ…。施工から数ヶ月後に、浮きや剥がれが見られる箇所を発見! 多額の費用をかけて工事したのに、なぜこのようなトラブルが起きてしまったのでしょう。 今日は外壁塗装の浮きや剥がれの原因について6つある中で3つご紹介したいと思います!(^^)  原因1:塗料の乾燥不足によるもの外壁塗装は塗っていく際に、下塗り・中塗り・上塗りと工程を3回に分けて行います。そして、それぞれ塗装後にしっかり乾燥させて塗膜が密着するのを待つ必要があります。しかし、乾燥を十分に行わないで重ね塗りをした場合、塗膜が十分に密着せず完全に塗膜が完成していない為、剥がれなどの原因につながります。実は、外壁塗装や屋根塗装では乾燥時間がとても重要となってきます。 原因2:洗浄不足によるもの外壁塗装を行う前にとても重要な作業があります。それは、高圧洗浄による汚れの除去です。壁や屋根は毎日、雨や風にさらされている為とてもダメージを受けています。また、葉っぱやゴミが付いていたり、苔が生えていたりなど少なからず汚れが付着しています。これらの不要なものをしっかりと洗浄して落とさないと、しっかりとした塗膜が作られていない他、ゴミがついたまま仕上がると見栄えも悪くなります。頑固な汚れが付着している場合は、バイオ洗浄と呼ばれる特殊な洗剤を使用する事があります。 原因3:下処理不足によるもの外壁塗装の工程では高圧洗浄の後に、下処理と呼ばれる外壁面を綺麗にする作業を行います。この時に、浮きや剥がれなど塗装する前に補修しておく箇所があればここで処理しておきます。もし何かしらの補修が必要な劣化症状が見られる場合、ここで対処をせずに塗装をしてしまうとしっかりと塗膜が密着せず、すぐにダメになってしまうだけでなく、さらに酷い劣化がみられる場合もあります。 オケゲンでは、施工中・施工後にトラブルが起きないよう職人さん達と連携を取り、常に現場の様子を把握できるよう現場管理を徹底しています! 次回は、残り3つの塗装の浮き・剥がれの原因についてご紹介します(^^)お楽しみに!!! (2019.05.16 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

水性塗料と溶剤塗料の違いについて 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは(^^) 今回は、水性塗料と溶剤塗料の違いについてご紹介します!外壁や屋根の塗装に使われている塗料は、水性塗料と溶剤(油性)塗料に分けられています。ペイントスタジオでは、主に・・・シリコン塗料フッ素系塗料無機塗料遮熱(サーモアイ)塗料断熱(ガイナ)塗料が使われています。これらの塗料すべてに、水性と溶剤があります。 水性塗料と溶剤塗料 水性塗料 水性塗料は主な成分が「水」でできているため、臭いがほとんどありません。近所の方に迷惑がかからず、完工まで臭いを気にせずに過ごすことができます。そういった理由で水性塗料を選択されるお客様も少なくありません。また、溶剤塗料に比べて値段が安いのも大きな特徴の一つです。 水性塗料にはデメリットもあります。それは、耐候性が溶剤塗料に比べて劣ってしまう事です。気温が低いと施工ができなくなってしまい、工期が伸びてしまう事があります。 溶剤塗料 溶剤塗料は主な成分が「有機溶剤(シンナーなど)」でできています。水性塗料よりも耐久性が高いのが特徴です。防水性も高く、塗料の密着が良いといったメリットがあります。主な成分が有機溶剤でできている為、臭いがきつく、近所の方に迷惑がかかってしまう可能性があり、臭いが家に入ることもあるため快適に過ごすことができません。また、価格が水性塗料よりも高くなります。 水性と溶剤のどちらを選んだらいいの??最近では溶剤塗料に劣らない水性塗料が開発されてきているため、水性塗料が主流になりつつあります。ですが、溶剤塗料にも最近「弱溶剤」タイプのものが出てきています。これは溶剤塗料のデメリットであった臭いを改善したもので、環境にも優しい塗料です。 ※弊社では弱溶剤の「ファインシリコンフレッシュ」という溶剤塗料が一番売れています。対候性が高く、費用対効果に優れた塗料です。(¥970/㎡) 何か気になる事やお悩み事がありましたらお気軽にお問い合わせください。 (2019.05.10 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

オススメ塗料のご紹介 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは(^^)もうすぐゴールデンウイークですね。今年のゴールデンウイークは10連休なので、海外などに旅行へ行かれる方も多いかと思います。どうかお体に気を付けてお過ごしください。 それはさておき… 今回は、前のブログでもお知らせしていた塗装のプロが選ぶオススメ塗料を塗装部位ごとにご紹介します!   まずは、外壁のオススメ塗料NO.1 シリコン塗料です。 【特徴】セラミックシリコン樹脂を含有した塗料で、7~8割の塗替えで使用されるほど人気の塗料です。耐用年数が、ウレタン塗料は7年~8年なのに対し、シリコン塗料は10年~12年と長く費用もウレタン塗料とほとんど変わらないため、コストパフォーマンスが高いことが人気の理由の一つです。 次は、屋根のオススメ塗料NO.1 フッ素塗料です。 【特徴】フッ素塗料は、塗料の主成分の樹脂がフッ素系の塗料で、フッ素樹脂の技術を使って開発された塗料です。フッ素が持っている非粘着性や耐摩耗性などの性質を利用する事で耐用年数15年~20年の質の良い塗膜を作り出します。身近なものでいうと、フライパンなどに使用されています。また、有名な建物にも使用されています。・六本木ヒルズ・東京スカイツリー・横浜レインボーブリッジ・後楽園ホール・羽田空港立体駐車場・国立劇場それだけ信頼の高い塗料になります! そして最後は、内装のオススメ塗料NO.1 ジョリパットです。 【特徴】アクリル塗料に砂などの基材をブレンドした塗料。フランス生まれで、日本では1975年に発売がスタートし40年以上にわたる信頼と実績のある塗料になります。最近では、低ホルムアルデヒド発散だけでなくホルムアルデヒドの吸着・分解なども行える機能が備わっています。この効果により、室内にある家具や建材から発散されるホルムアルデヒドも低減し、より安心して住める住空間の実現に寄与してくれます。また消臭や調湿機能、抗菌機能なども兼ね備えた種類もあります。   外壁塗装・屋根塗装で気になる事がありましたお気軽にお問い合わせください。 (2019.04.24 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

塗装の必要性とは? 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは(^^)! 最近、とても暖かい日々が続いていますね♪こんな日が続くと、どこかにお出かけしたくなります。皆さんのオススメスポットを是非、教えて下さい(^^) それはさておき…皆さんはなぜ塗装をするのか考えた事はありますか?初めて自分の家を持つと嬉しい気持ち、ワクワクした気持ちになりますよね。                         最初はキレイですが、どんどん年数が経つとやはり外壁のひび割れや汚れなどが気になってきます。日本の住宅の寿命は30年と言われています。これは、欧米諸国と比べて3分の1の寿命年数になります。なぜ、日本の住宅の寿命が極端に短いのかは解明されていませんが、定期的なメンテナンスをすることで住まいを長くキレイに保つことができると言われています。そこで必要となってくるのが、塗装なのです。 では、なぜ塗装が必要なのでしょうか…    今日はその理由を2つお教えします! 1つ目の理由:建物を守る為!! 普段、私たちが暮らしている家や学校・商業施設などの建物は毎日紫外線をまともに受け、雨風(特に酸性雨)や雪にさらされ、湿気や熱を帯び汚れが付着し、カビやコケなどが発生します。これらは全て建物にダメージを与え、弱らせていく要因となります。このような外的要因から建物を守っているのが、塗装によってできる「塗膜」になります。「塗膜」とは、外壁や屋根に塗った塗料が乾燥して固まって膜状になったものです。人間で例えると、皮膚にあたります。塗膜は永久的なものではないので、塗った時点からどんどん劣化が始まります。屋根や外壁サイディング・外壁タイルも同じ理屈なので、定期的なメンテナンスが必要となってくるのです。 2つ目の理由:美観=見た目のキレイさ  長く住んでいると見た目も気になってきますよね。定期的に塗り替えをすることで、建物はとてもキレイになります。そして、家のイメージも変わります。新築のように生まれ変わった建物で、住む人の心が豊かになり、快適な生活を送れることはとても大切な事です。ただ、どのタイミングで塗装をしたらいいのか分からないですよね。そんな時は、ぜひ弊社にご相談下さい!!!お客様のお悩みやご希望に合わせて住まいのプロフェッショナルがご提案いたします♪     (2019.04.22 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識