オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 外壁塗装の「塗り方の違い」 豊田市 塗装 オケゲン

外壁塗装の「塗り方の違い」 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2021.01.10 (Sun) 更新

みなさん、こんにちは。

外壁塗装の「塗り方の違い」をご紹介します。

外壁塗装で主に採用される工法は、「刷毛塗り」「ローラー塗り」「吹き付け塗装」の3種類あります。
それぞれの特徴を表にまとめてみました。
工法 特徴
刷毛塗り ・刷毛を使って手作業で塗る。
・小さい面積や細かいところの塗装方法。
ローラー塗り ・ローラーを転がしながら塗装する。
・広い面を一気に塗装できる。
・外壁の塗り替えでは、一般的な塗り方。
吹き付け塗装 ・スプレーガン(塗料を噴射できる機械)に入れて吹き付けて塗装する。
・施工が早く低コスト。
・デコボコと立体感のある塗装ができる。
・飛散しやすく音が出るので住宅密集地ではやりにくい。
新築時に吹き付け塗装した家でも、塗り替えはローラーや刷毛を使います。
その際、下地がどのような吹き付け仕上げにしてあるかで必要な塗料の量が変わります。