オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 外壁塗装は築10年が目安? 豊田市 塗装 オケゲン

外壁塗装は築10年が目安? 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.12.21 (Mon) 更新

みなさん、こんにちは。

今回は、築10年経ったけど、まだ、メンテナンスなんて必要ないよね、と思っている方へ
少しでも、情報になればと思います。

一戸建て住宅は、だいたい築10年に突入した段階から、様々なメンテナンスを行わなければいけません。

外壁に限らずですが、モノであれば多くの場合、年月が経つと状態が悪くなりますよね。

外壁もモノである以上、長持ちする塗料が塗られていたとしても、必ず年月(や使われていた時間)の影響によって朽ちていきます。

あまり実感がないかもしれませんが、建物であれば紫外線・雨風・ホコリ・地震の揺れ・気温の変化が起こす収縮など自然環境が発生させるダメージを毎日自動的に受けるため、外壁と外壁に施された塗装を毎日使っている状態に。鉛筆だってパソコンだって、毎日使えばいずれ壊れてしまいますよね?外壁と塗装にも同じことが言えるため、タイミングを見計らってメンテナンスが必要となります。小さいモノと違って外壁は広範囲でメンテナンスにお金がかかるため、頻繁ではなく10年ごとが修繕目安となっています。

外壁塗装に深い関わりがある塗料の耐久性(耐用年数)

外壁塗装を行うためには、塗料を塗る必要がありますが、この塗り替え時に使用する塗料の耐久性(耐用年数)と呼ばれる、塗料の効果が保てる期間を示す時期が示されています。

各系統の塗料によって耐久性(耐用年数)が異なり、耐久性が高いものは費用相場も高くなっています。

あなたが新築を建てる際に、フッ素や遮熱などの効果が高い塗料を使っているのであればいいのですが、そうでなかった場合、アクリル・ウレタン・シリコンといった塗料の系統が使われているはずです。

その場合、約10年前後で耐久度が切れるため、塗装の時期である「外壁塗装は築10年」といった理由へ結びつく事に気づいてもらえたと思います。

新築時には建築費用を抑えるため、耐久度が低い塗料が使われることがあります。あなたの家が何の塗料を塗られているのか確認し、ウレタン・シリコンであれば、築10年ごろでメンテナンスが必要ということになります。アクリルだった場合はもっと早く2~3年後となります。

地域の環境的な違いだけでなく、あなたのお家が道路に面している・お隣さんと距離が近くて影ができる・近隣に草木がたくさんある、このような状況の違いによっても、劣化の仕方が変わってくるため、例えばあなたのお家とお隣さんのお家であっても、現れる症状が違う場合があります。

外壁塗装の目安が築10年と言われていますが、築10年以上もメンテナンスを行っていなかった場合はどうなるのでしょうか。

築10年で劣化症状が出ているのにメンテナンスをしなかった場合は、こんな事が起こるんです。

  • 建物内部の劣化が激しく高額なリフォームをする事になった…。
  • あまりにも劣化が酷すぎて、モルタルがボロボロ、左官工事が必要になった…。
  • 劣化が激しく、サイディングの張り替えをすることになった…。

築10年以上経っているのに何もメンテナンスを行っていなかった場合は、外壁材だけでなく建物内部にもかなりダメージが入っているため、高額なリフォームが必要になるかもしれません。

外壁塗装/屋根塗装/防水工事/に関するご相談はこちら
※外構工事、内装工事も取り扱っています。
 家に関する事、丸ごとご相談ください!!