オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 汚れが目立たない外壁の色 豊田市 塗装 オケゲン

汚れが目立たない外壁の色 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.12.04 (Fri) 更新

みなさん、こんにちは。

外壁塗装を考える時、特に気になることのひとつが「色」だと思います。

度塗り替えをすれば、その後かなり長い期間を選んだ色の外壁に囲まれて生活するわけですから、これは慎重にならざるを得ませんよね。

まず避けた方が良い色は、ずばり「真っ白」と「黒」です。

れは車のボディカラーを考えていただければわかりやすいかと思います。

黒や濃紺のような系統の色の車体は、傷や汚れ、埃などが他の色よりも目立ちやすいですよね。

逆に純白な車体も埃や傷がつけばとても目立ちます。

同様に外壁の塗料も黒やダークブラウンにすると、汚れがついた場合目立ちやすく、純白色にすれば、雨が降った後に縦縞模様がついてしまうことがあるのです。

本来、どんな色の塗料を選ぶかは施主様の自由。好きな色に塗られた家で暮らしたい!そうすることで、施主様が心から満足され、気持ちよく生活できるのであれば何色を選んでも良いとは言えますが、汚れが目立たない色が良いというはっきりした意思がある方におすすめできるのが、アイボリー(象牙色)ライトブラウン(薄茶)ベージュグレーです。

⚪︎アイボリー(象牙色)

アイボリーの画像

⚪︎ライトブラウン

ライトブラウンの画像

⚪︎ベージュ

ベージュの画像

⚪︎グレー

グレーの画像

どの色も煤煙や黄砂などの汚れが付着しても、あまり目立ちません。

また、事前に色見本を見る時の注意点として、見本で見る色と実際に外壁に塗られた色の見え方(鮮やかさ)が異なることが多いのを心に留めておいてください。

これは面積効果という、一種の目の錯覚から生じる現象で、小さな色見本で見た色を広い面積に塗ると、見本よりも色がかなり薄く見えることを言います。

ですから色を選ぶ場合にはできるだけ、「仕上がりイメージ」よりもやや暗めの色見本で色を指定することをおすすめします。