オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > クリア塗装 豊田市 塗装 オケゲン

クリア塗装 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.11.27 (Fri) 更新

みなさん、こんにちは。

元のデザインや風合いを維持することができるクリア塗装は、最近人気が出てきている塗装方法です。

クリア塗装(クリヤー塗装)」とは、顔料を含まない無色透明な塗料を使って塗装することを言います。

現在の外壁の風合いや意匠性、デザインなどを維持できるため、レンガ調・タイル調・石目調などのサイディングをはじめ、モルタル・タイル・コンクリートなどの外壁におすすめの塗装方法です。
ただし、外壁の素材や状態によっては、クリア塗装が適さない場合もあります。
透明な塗料なのであれば、どのような外壁にも塗装できそうに思われるかもしれませんが、クリア塗装には向き不向きがあります。

向いている外壁

劣化が少ない外壁】

無色透明で外壁の意匠性が損なわれないということは、ひび割れやチョーキング(白く粉を吹く状態)などの劣化がそのまま残るということでもあります。

そのため、クリア塗装は劣化が少ないうちに行うのが一番だと言えます。

【窯業系サイディング/モルタル/コンクリートなどの外壁材】

【窯業系サイディング/モルタル/コンクリートなどの外壁材】<p></p>
現在、外壁材の主流とされる窯業系サイディングは、レンガ調・タイル調・石目調など、デザインの種類が豊富です。

このようなサイディングのデザインを残したい場合に、透明なクリア塗装が大いに活躍します。
【窯業系サイディング/モルタル/コンクリートなどの外壁材】<p></p>
また、上の画像のようなモルタルの外壁や、コンクリートなどに適した塗料もあります。

不向きな外壁

【光触媒やフッ素塗料などでコーティングされた外壁】

表面に光触媒・フッ素・無機などのコーティングが施されている外壁は、クリア塗装が付着しづらく、塗膜が剥がれやすくなる可能性があります。

ただ、最近では特殊コーティングに対応した下地材もありますので、施工可能かどうか業者に判断してもらいましょう。

【金属系サイディングの外壁材】

【金属系サイディングの外壁材】<p></p>
金属系サイディングは、表面がつるつるしていて密着性が悪いため、クリア塗装とはあまり相性がよくありません。

また、顔料入りの塗料で錆止め塗装が必要な場合もあるので、クリア塗装ができない場合が多いのです。

【劣化が激しい外壁】

【劣化が激しい外壁】<p></p>
クリア塗装は外壁に発生している劣化が透けて見えてしまいます。

補修を行ったとしても、その補修跡を隠すことはできないため、劣化が激しい外壁には向いていません。