オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 外壁塗装は築何年目が最適? 豊田市 塗装 オケゲン

外壁塗装は築何年目が最適? 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.10.30 (Fri) 更新

皆さん、こんにちは。

外壁塗装は築何年目にするのがいいの?についてです。

外壁塗装は築10年ごろが目安となっています。

築10年目にもなれば、建物の劣化・新築時に塗られた塗料もボロボロになっているころなので、この時期に家のメンテナンスとして外壁塗装を行う方が多いんです。

築10年目近くになったらどうすれば?まずは、あなたの大切な家に外壁塗装が必要かどうか、外壁塗装の業者に建物の診断を無料でしてもらうのがオススメです。

なぜ外壁塗装の時期は築年数で分かるの?

外壁塗装を必要とする時期が、なぜ築年数で判別できるのかは、以下の理由があるからです。

  • そもそも年数が経っているから建物の劣化が進んでいる
  • 初期に外壁へ塗られた塗料の耐久度が10年前後までしか保てない

あなたの大切な家は、建設工事中からすでに、紫外線・雨風・ホコリなどの環境ダメージを受けることになります。

さらに、建設時外壁に塗られる塗料の種類にもよりますが、新築費用を抑える為に安い塗料を使う場合もあり、そうなると外壁の保護機能である塗膜がすぐに劣化してしまいます。

このように、常に劣化が進行しているということと、塗料の影響によって、外壁塗装は「築10年が目安」と言われています。

外壁に塗られた塗料の耐久度が10年前後までしか保てない

外壁塗装で使われる代表的な塗料が以下のものになります。

  • アクリル系塗料
  • ウレタン系塗料
  • シリコン系塗料
  • フッ素系塗料

それぞれの塗料で特徴があり、アクリルやウレタンは4~10年・シリコンは8~15年・フッ素は15~20年と、塗料ごとで効果を保っていられる耐用年数に差があります。

新築時で塗られる塗料としては、ウレタンやシリコンが多いので、多くの家は10年前後が、次の塗り替え時期と言えるんです。

築年数が経つごとに、外壁塗装に劣化症状が起きてくるので、メンテナンス時期を間違えないように詳しく見てみましょう。

築年数 症状 詳細
約1〜2年 変色(ツヤがなくなる) 紫外線・雨風などによって外壁塗装で作られた塗膜にダメージを受けている状態
約5〜6年 チョーキング 外壁塗装の効力が落ちて、劣化している状態
約6〜7年 コケ・カビ・藻の繁殖 外壁塗装の効力が落ちて、汚れが付着している状態
約8〜9年 外壁・シーリングのヒビ割れ 外壁塗装の効力が落ちて、劣化が進行している状態
約10年前後 剥がれ・爆裂 完全に外壁の保護機能として効果が失われている状態

これらは築年数が経つごとに、紫外線・雨風などの環境ダメージを受けて徐々に劣化の症状へと発展していきます