オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 秋の外壁塗装 豊田市 塗装 オケゲン

秋の外壁塗装 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.10.28 (Wed) 更新

皆さん、こんにちは。

秋は外壁塗装の人気シーズンです。
なぜならば、天候が安定している秋は、外壁塗装をするのに適した日が多いためです。また、過ごしやすい気候のために、工事のストレスを感じにくいというメリットもあります。

とはいえ、秋でなければ外壁塗装がうまくいかないというわけではありません。秋以外の季節でも、外壁塗装は問題なく可能です。

1.外壁塗装は秋(9~11月)が人気シーズン!

塗装業者

なぜ秋(9~11月)が人気かというと、“外壁塗装に適した日が多いため”です。

基本的に、下記の気象条件を満たしていなければ、外壁塗装はできません。その点、秋は、下記の気象条件を満たす日が多いため、外壁塗装に向く季節と言えます。

[外壁塗装ができる気象条件]

■気温が5℃より高い
■湿度85%未満
(雨が降っている場合、湿度が85%を上回るため塗装工事はできません)
■強風、降雨、降雪などの気象下ではない
■結露が発生していない

※上記を満たさない気象条件下で無理やり塗装工事をすると、施工不良につながる可能性があるため、上記を満たさない条件下の日は、塗装工事は中止となります。ただし、足場の設置や洗浄など、塗装以外の工程については、必ずしも上記条件を満たす必要はなく、たとえば気温が5℃以下、降雨の日などにも塗装工事が中止とならないこともあります。

とはいえ、秋でなければ、外壁塗装ができないというわけではありません。春でも夏でも冬でも、外壁塗装は一年中、可能です。

たとえば、気温が5℃を下回った冬の日や、雨が続く梅雨時期に外壁塗装ができないこともありますが、冬や梅雨の間ずっと外壁塗装ができないわけではないのです。冬や梅雨の時期には、上記の気象条件を満たす日を待たなければならないこともありますが、上記の気象条件を満たす日には、問題なく外壁塗装をすることができます。

また、秋の外壁塗装が人気なのは、過ごしやすい秋の気候も関係しています。

というのも、塗装工事中は、好きなときに換気ができない(窓が開けられない)など、生活に多少制限が生じます。こうしたことは、いつ外壁塗装をしても起こることではありますが、過ごしやすい秋や春などに比べて、暑い夏や寒い冬の塗装工事に余計にストレスを感じてしまう人もいます。
何をどうストレスに感じるかは人それぞれのため、一概には言えませんが、過ごしやすい気候の秋を選んで外壁塗装をする人が多いということは、一つの事実です。

秋は「天候が安定しているため、スケジュール通りに塗装工事が進みやすい」というメリットがありますが、例外となるのが、台風が来たとき。台風がくると、当然、工事はストップすることになり、その分、工事スケジュールは後ろに倒れ、工事は長引くことになります。

※特に秋のはじめ、9~10月あたりは台風が発生しやすく、台風による工事の遅れが生じやすい時期です。