オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 雨と外壁塗装 豊田市 塗装 オケゲン

雨と外壁塗装 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.10.25 (Sun) 更新

皆さん、こんにちは。
天気はとてもいいですが木枯らしが吹く少し寒い一日となっていますね。

今回は、「雨と外壁塗装」について。

雨の日に無理矢理、塗装作業を行うと様々な弊害が起こります。

  • 塗料が雨で薄まってしまう
  • 塗料に雨水が落ち、水玉模様のようにまだらな汚い仕上がりになってしまう
  • 塗料が乾燥しないうちに重ね塗りするので、後々に塗膜剥離(塗装が剥がれる事)、ひび割れ、クレーター、白化、不具合が起こる可能性が高い

雨というのは小雨から土砂降りまで程度にかなり幅があるので、どのくらいの雨で中止するべきなのか、というのは判断が難しいところですが、基本的に外壁塗装用の塗料は湿度が上がるときれいに仕上がりません。それ故、雨が降っても降ってなくても、小雨であったとしても、湿度が85%以上という状態が続きそうであれば、塗装は辞めるべきと判断します。

塗料メーカーも塗料がしっかりと機能するための注意事項として「気温5度以下、湿度85%以上の塗装は避ける」とあります。

また、「降雨が予想される日の塗装」も避けるべきとあり、天気予報が雨だった場合も避けます。昔と違い、離島でもない限りは、天気予報はかなり当たりますので、天気予報が雨の場合はまず作業を中止します。

降水確率が20~30%であったとしても、雨が降りそうであればその日の作業はしない場合もあります。

下塗り、中塗り、上塗りと塗装の作業中に雨が降ってしまうこともありますが、その際はどれくらいの雨かで中断するかどうかを判断します。

突然土砂降りが降るような雨模様の時はそもそも塗装自体を最初からするべきではないのですが、天気予報も、業者さんの予想も全て外してしまった場合はもうお手上げです。

その場合は、塗装の塗り直しをする事になるかと思います。

塗料が通常乾くのは1時間以上かかります。溶剤系の塗料だと4時間ほどかかるものもあります。冬場だとさらに乾くのが遅い場合もありますし、朝露や夜露など乾くのを阻害するものは実は雨以外にもたくさんあるので、しっかりと工期をスケジュールします。

誰しもが心配してしまうことですが、雨が続いてしまい、工期が伸びてしまう場合に追加料金が発生する、と言う事はありません。

そもそもが、工期中に雨の日などがあると想定して工期を決めているので、想定内の事となります。