オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 爆裂の補修工事の方法について 豊田市 塗装 オケゲン

爆裂の補修工事の方法について 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.09.21 (Mon) 更新

皆さん、こんにちは。
お天気のいい月曜日、敬老の日ですね。
いかがお過ごしでしょうか。
今日は、おじいちゃんやおばあちゃんたちと外食でしょうか。
お持ち帰りも定着してますもんね。
お持ち帰りしておうちでワイワイもいいですね。

今回は、爆裂の補修工事の方法についてお話したいと思います。

☆補修工事の方法☆

①:爆裂の箇所をチェック
→まずは、外壁のどの部分に爆裂が起きているかを調査します。
この時に、下記の箇所を調査していきます。
・コンクリート内部からサビた水が流れている

・鉄筋が腐食して、サビが膨張してコンクリートが浮いている部分

・コンクリートが剝がれて鉄筋が露出している部分

②:サビを綺麗に落とす
→補修箇所をハンマー等で落として、鉄筋を露出させブラシなどでサビを落としていきます。
この時、綺麗にサビを落とさないと再発する可能性があります。
その後、サビ止めをコンクリートや鉄筋に塗布します。
これで防錆処理をきっちりと行います。

③:エポキシ樹脂モルタルで埋めて補修
→防錆処理を行った後は、エポキシ樹脂モルタルで埋め合わせていきます。
小さな爆裂があれば一度で終了しますが、大きい場合は数回に分けて充填していきます。
最後は、塗装をして補修したら終了です。

ペイントスタジオでは、お客様のお悩みに合わせてプランをご提案いたします!
お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。