オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 部位別のオススメ色 豊田市 塗装 オケゲン

部位別のオススメ色 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.07.27 (Mon) 更新

皆さん、こんにちは!

月曜日です。
4連休はいかがお過ごしでしたか?
感染が広がり、自粛モードがまだまだ続く最近ですが、
気を緩めて、肩に力を入れずに頑張っていきましょう。
私は、最近「臨機応変」が口癖です。(笑)

今回は、外壁と屋根以外の付帯塗装でオススメの色を部位別でご紹介したいと思います。

☆軒天:薄めの色
まず、軒天とは屋根の真下部分にある壁のことで、外壁から外側に出ている屋根の裏側になります。
この場所は、日が当たらず色が暗く見えるので、立体感のある家にする為には影になることを考えて薄めの色をオススメします。
外壁よりも薄い色か白色にすると、室内から見た時にも外が明るく見えます。

☆雨どい:外壁と同じ色
雨どいをアクセントに使うこともできますが、外壁と同系色にして雨どいの存在感をなくす方が無難です。
ただし、白色は劣化が目立ちやすいです。

☆庇(ひさし):屋根と同じ色
庇は、外から見ると屋根のように見える場所にあるので屋根と同じ色かサッシと同じ色にすることを
オススメします。

☆雨戸:サッシと同じ色
雨戸の色は、窓などのサッシに揃えると統一感がでるのでオススメです。

☆破風板:屋根と同じ色
破風板とは、屋根と外壁の間にある部分で、屋根の下や横から風が吹き込むのを防ぐ役割があります。
屋根と同じ色にすることで一体感がでます

是非、外壁・屋根塗装をされる際は付帯部分も塗装することをオススメします!