オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 外壁塗装以外でのメンテナンス方法 豊田市 塗装 オケゲン

外壁塗装以外でのメンテナンス方法 豊田市 塗装 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2020.07.01 (Wed) 更新

皆さん、にんにちは。
昨日は、激しい大雨でしたね。
シャワーじゃないかという位にザーザーで。
警報も発令されましたね。

これから、何度このような大雨がくるのか不安ですね。

ペイントスタジオでは外壁塗装をやりたいお客様の他に板金上貼り工法で工事お願いします!
というお客様も多く居られます。

今回はその板金上貼り工法について詳しく書いていきます。

まず板金上貼りとは何か?というところから説明したいと思います。
簡潔に説明すると屋根や外壁の上から板金を被せる工事になります!

全てのお客様に言えることではないのですが築年数が20年を超えて塗り替えなどお家のメンテナンスをやっていないお宅には強くこの板金上貼り工法をおススメします!
まず一番に築年数が20年を超えてメンテナンスをしていないと新築時のサイディングや木部の劣化が目に見えてわかってきます。ボロボロのサイディングや木部の上から塗装をしても見た目が悪くなったり、外壁塗装・屋根塗装を進めていく際に下地処理の工程が多く増えたりします。
ボロボロになってから塗装すると塗料ののりも悪くなってうまく塗料が乗らないなんてこともあります。
でも板金上貼り工事であれば工事費用はかかるものの外壁も屋根も新しいものになるので美観はもちろん、耐久性、耐候性もしっかりと確保できます。
塗り替えをお考えの際はぜひこの板金上貼りでの工事も検討してみてください!

大事なお家の事なので家を守る!ということを念頭に工事も考えて頂けたらなぁと思います!
また上貼りするガルバリウム鋼板は耐久性・耐候性がかなり高いので次回の塗り替え時期もすぐに来ないので金額は高いもののランニングコストなんかを考えればおトクにはなっているので塗り替え+上貼りのお見積りを取ってみてください!!!