オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁材の種類 豊田市 オケゲン

外壁材の種類 豊田市 オケゲン

2020.05.25 (Mon) 更新

皆さん、こんにちは。

月曜日です。
今週も1週間頑張りましょうね。
自粛期間の解除があってから出勤する際、車が増えてきました。
自粛期間中は車も少なかったので、いつもより遅い時間に家を出てきていましたが、
最近は時間が読めないので、少しずつ早い時間に出るようにしています。
でも、まだまだ自粛前よりは渋滞するところも少なく、まだまだ、日常は戻るには
時間がかかるなぁ。
と毎回の車の中で感じながら出勤している私です。

今回は、外壁材の種類について書いていこうと思います!

窯業系サイディング

最も普及しているサイディングで、好みの見た目を作りやすい素材です。コストパフォーマンスが優れているわけではありませんがデザイン性が高いためよく利用されています。

 

金属系サイディング

非常に軽量で外壁の重ね張りによく利用されています。

最も安くコストパフォーマンスに優れていますが見た目があまり選べないため窯業系サイディングよりも普及していません。

 

木質系サイディング

非常にデザイン性が高く木目によるこだわりの見た目にしたいという場合に人気の素材です。木材ですので火や水に弱く、メンテナンスが他の材料に比べて多く必要なため普及度は低いです。

木目の落ち着いた外壁にしたい人に向いています。

 

樹脂系サイディング

 

施工難易度が高く扱える業者が少ないため日本ではほとんど使用されていません。

しかし耐久性が高くメンテナンスがほとんどいらないため手間を掛けたくない人に向いています。

価格は高いですが耐用年数は最も長いです。メンテナンス頻度を下げたい人に向いています。