オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁のカバー工法 豊田市 オケゲン

外壁のカバー工法 豊田市 オケゲン

2020.05.24 (Sun) 更新

皆さん、こんにちは。

日曜日ですね。
5月なのに、半袖でちょうどいいですね(苦笑)
予報では6月中旬の気温との事ですが…
来月は7月、夏の気温ですかね(笑)
カンカン照りの夏が来ることに少し恐怖すらありますね。
体調に気をつけて、日本の春夏秋冬を乗り越えていかないとですね!

今回は、外壁のカバー工法について書いていこうと思います!

外壁カバー工法とは簡単に言えば、今の壁の上に別の外壁材を取り付けていく工法です。 外壁カバー工法は、使用する外壁材が大きく2種類。 「窯業系サイディング」と「金属系サイディング」とあります。 … またガルバリュウム鋼板とは屋根材でも使いますが、金属の外壁としても、幅広く使われています。

外壁の塗装とカバー工法の特徴はこのようなことが言えます!
【メリット】
・大幅なイメージチェンジができ、新築のような外観になる。
・既存外壁をはがさないため、張替えに比べると廃材が少なく、工期も短い。
・重ねて施工することで、断熱、遮音効果の向上に期待できる。
・自宅に住みながらのリフォームが可能。
【デメリット】
・塗装に比べると初期費用が高価。
・配管交換など附帯工事費が必要な場合がある。
他にもメリット、デメリットはありますので、予算、付加価値などを考慮して検討しましょう!