オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 防汚塗料の種類と費用について 豊田市 オケゲン

防汚塗料の種類と費用について 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.12.25 (Wed) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、前々回から紹介している防汚塗料の種類と費用についてお話したいと思います。

種類と費用

①:光触媒塗料
→まず、防汚塗料で特に効果が高い(機能性に優れている)のは光触媒塗料になります。
光触媒塗料は、とても高い耐久性を誇っており耐用年数が10年~15年となっています。
大きな特徴としては、太陽光で汚れを浮かし雨で勝手に汚れを落としてくれるので、メンテナンスが楽になるという特徴があります。
仕組みとしては、太陽光にあたる事で酸化チタンが活性酸素を作り汚れを分解する事で、雨が降った時に雨と一緒に汚れも流れキレイになるという流れです。
耐用年数も他の塗料に比べて長く、防カビ性や抗菌作用なども期待できる優秀な塗料になります。
価格は、5000円~5500円/1㎡あたりとなっています。

②:シリコン系塗料
→シリコン系塗料といえば、外壁塗装の中でもよく使われるメジャーな塗料です。
なぜ、人気なのかというと費用面でのリーズナブルさに加えて耐久性や防汚性などが高いからです。
価格からしてもその機能性の高さは、他の塗料を圧倒していると言っても良いくらいの塗料です。
耐用年数は、7年〜15年と光触媒塗料に比べるとやや短い気もしますが、価格は2300円~3500円/1㎡あたりとなっています。

③:フッ素系塗料
→フッ素系塗料は、耐久性・耐熱性・耐寒性など外部からのダメージに強いという特徴がある塗料になります。
耐用年数は、10年〜15年程度となっている為とても耐久性に優れています。
価格は、3500円〜5000円/1㎡あたりとなっています。
大型施設やビルなどに使われる事が多いです。

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。