オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 防汚塗料の効果と特徴 豊田市 オケゲン

防汚塗料の効果と特徴 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.12.22 (Sun) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、以前紹介した防汚塗料効果特徴についてお話したいと思います。

①:高い耐久性
→皆さんは、外壁塗装といえばどのようなイメージを持っていますか?
まだ、新築購入してから間もないという方にとっては関係のない話に聞こえますが
実は、外壁塗装の塗り替え時期は10年に1回と言われています。
仮に15年も塗り替えを行っていない場合、どこかしら劣化症状が見られている事が多いです。
塗料によってこの塗り替え時期は変わってきます。
その中でも防汚塗料を使用する事で、この塗り替えを行うタイミングを少しだけ延ばすことができます。
というのも、高い耐久性を誇っており通常の塗料に比べて耐用年数が高い為です。
常に太陽光や風、雨などにさらされている外壁だからこそ傷むのもとても早いです。
このような外部からの刺激に耐える力を持っているのが【防汚塗料】なのです。

②:親水性の高さでセルフクリーニング
→防汚性の高さは【親水性】にあるのです。
親水性とは、「水と親和性が大きい事」、「水と結びつきやすい事」、「水に溶けやすい事」という意味です。
つまり、親水性が高いという事は水と結びつきそのまま汚れと共に流れるという事になります。
その為、防汚塗料はこの親水性の高さからセルフクリーニング機能を持っているという事になります。
ちょっとしたホコリや土などの汚れであれば、水と共に流れ落ちていきますので少しの水で流すだけや場合によっては雨によっても綺麗になります。

③:長期的な視点でのコストパフォーマンスの高さ
→ここまで見てきて【防汚塗料って凄い塗料なのでは?】なんて思った方もいるかと思います。
実際に機能性は高く素晴らしい塗料ですが、初期費用という点で言えばその他の塗料よりやや高めです。
ただし、初期費用は多少高くつくものの他の塗料とは耐久性が異なりとても高い為、塗り替え時期を延ばすことができるので、長期的に見ればコストパフォーマンス的には高い塗料と言えるでしょう。
目先の費用だけにとらわれずに、長期的な視点で塗料を選択する事もトータルコストを減らすポイントとなります。

次回は、防汚塗料の種類についてお話しをしたいと思います。

お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。