オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 爆裂とは? 豊田市 オケゲン

爆裂とは? 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.12.07 (Sat) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、【爆裂】についてお話したいと思います。

まず、皆さんは【爆裂】という言葉を耳にしたことはありますか?
ネットで爆裂と検索すると「爆発の作用で物体が片々に裂けて飛び散る事」という意味がでてきます。

建築業界で使われる【爆裂】とは、コンクリート内部の鉄筋がサビてしまい外にむき出しになってしまった状態の事を言います。

では、何故このような状態になってしまうのかというと、コンクリート建造物の外壁表面は長い期間に渡って、劣化が進行したことにより発生するクラック(ヒビ割れ)から侵入する雨水などによって、内部の鉄筋がサビてしまいます。
そして、サビてしまった鉄筋は少しずつ体積を膨張していき、これらが原因となってコンクリート内部で破裂してしまうというのが発生の要因になります。

この【爆裂】を放置しておくと大変危険です。
放置したままにしておくと、下記のような影響が考えられます。

・コンクリートの一部(塊)が落下する可能性

・外壁の墜落の可能性

・建造物内部への深刻なダメージと劣化

これらは大変危険であり、修繕費用も高くなる可能性があります。
それだけではなく、墜落した外壁やコンクリートの塊が人に落下したら最悪の場合、死に至る可能性もあります。
もし、お家の外壁にヒビ割れを見つけたら弊社へお気軽にお電話ください。
迅速かつ丁寧に対応致します。