オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 外壁塗装の模様 豊田市 オケゲン

外壁塗装の模様 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.12.06 (Fri) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、外壁塗装の模様パターンについてお話したいと思います。

☆模様パターン☆

①:さざ波模様
→粘度の高い塗料を塗布していくことで出来上がる模様になります。
ゆず肌よりも凹凸感があるのが特徴です。

②:リシン仕上げ
→専用の器具を使って施工する吹き付け塗装になります。
骨材に混ぜられた砂などによって、表面がザラザラしているのが特徴です。

③:凸状模様
→外壁に吹き付けをした後、コテやローラーで押さえたりする施工方法になります。
その他にも、仕上げ材が乾燥した後にサンダーを使ってカットする方法もあります。

④:凹凸模様
→外壁仕上げ材を専用ガンで吹き付ける方法の他、厚塗りした後で専用ローラーを使って
模様をつける方法があります。

⑤:スタッコ模様
→大理石や砂などの骨材を混ぜ吹き付けて行う方法です。
表面は、ザラザラであり凹凸があるのが特徴です。

お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。