オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > ALC外壁のデメリット 豊田市 オケゲン

ALC外壁のデメリット 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.11.27 (Wed) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、ALC外壁のデメリットについてお話したいと思います。

★デメリット★

①:吸水性が高い
→ALC外壁は、水分を吸収しやすい性質を持っているため、外壁の塗膜が劣化している場合には雨水が建物の内部に侵入して酷い劣化を起こす可能性があります。
対処としては、定期的なメンテナンスを行い外壁を保護しておく必要があります。

②:費用価格が高い
→一般的に使われているサイディング・モルタルに比べるとALC外壁は、約1.5倍から2倍程の費用がかかります。
なぜ高いのかといえば、耐久性の高さゆえ価格が高くなってしまうのは必然的だと言えます。
初期費用にあまりお金をかけられないという方は、検討が必要になってきます。
しかし、その高い耐久性によってトータルコストが安くなるという場合もありますので、この辺は最初によく考えておく事をオススメします。

次回は、ALC外壁を使用する際の注意点についてお話したいと思います。

お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。