オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 片流れ屋根のデメリット 豊田市 オケゲン

片流れ屋根のデメリット 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.11.08 (Fri) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、片流れ屋根のデメリットについてお話していきたいと思います。

片流れ屋根のデメリット

①:日当たりが悪い
→片流れ屋根は、片面だけに屋根があるタイプになります。
前回のブログで片流れ屋根は太陽光発電に向いているとお話しましたが、太陽は登ってきて反対側に沈みます。
その為、片面だけの日照時間となってしまい反対側は、外壁に紫外線などがあたる形になります。
これらによるデメリットとしては、外壁のダメージが大きくなってしまう事と発生した湿気が屋根に篭りやすくなってしまい
屋根の劣化を早めてしまう恐れがあります。

②:換気がしにくい構造である
→通常の屋根は、2面であるのに対して片流れ屋根は1面の。
実は、この構造が換気の観点からはあまりよくないのです。
というのも、通常屋根裏には換気口が設置されており片方からもう片方に向けて空気が抜けていくことで換気をしています。
それに対して片流れ屋根は、1面のみにしか換気口が設置できない為、構造上しっかりとした換気がしづらいのです。
その為、湿気が篭りやすくなってしまいます。

③:雨樋の劣化が早まる恐れも
→通常は、2つの雨樋に分散されるはずの雨水が片流れ屋根の場合は、片方の雨樋に集中してしまいます。
その為、雨樋の耐久性が通常より劣化する可能性が高いと言えます。
また、台風などの天候時には壊れてしまうことも考えられます。

④:雨漏りのリスク
→切妻屋根などの2面ある屋根とは異なり、1面しかない片流れ屋根の場合、通常時により雨漏りのリスクが高いと言えます。
片面しかない為、伝ってきた雨水が家内部に侵入しやすいのです。
台風などの災害が発生した場合には、隙間に雨水が入り込んでシミになったり、雨漏りを起こしたりする可能性があります。
また、屋根が片面しかない為、外壁からの雨漏りが発生する場合があります。

お住まいの事でお困り事がある方は、お気軽にお問い合わせください。