オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 切妻屋根のデメリット 豊田市 オケゲン

切妻屋根のデメリット 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.10.28 (Mon) 更新

皆さん、こんにちは!

前回、「切妻屋根」のメリットについてお話しました。
今回は、デメリットについてお話していきたいと思います。

★切妻屋根のデメリット★

①切妻屋根の「妻側」に問題あり
→切妻屋根の屋根面がない側面を「妻側」と言います。
この妻面には屋根がない為、直に太陽光や紫外線、雨、風などが当たります。
外壁や屋根の劣化の原因には、紫外線や雨などが関わってきます。
防ぐものがない妻側は、この外部ダメージをそのまま直接に受けてしまう為
外壁や破風板などの劣化が通常よりも早まる可能性があります。
ですが、劣化を早まるのを防げないわけではないのでご安心ください。
近年ではデザインを重視する傾向もあり、窓を設置するなどで外観デザインを楽しむ方も増えています。

②デザインがダサい?!
→よく、インターネット上で以下のようなキーワードで検索されている方が多いようです。
「切妻屋根 ダサい」「切妻屋根 外観 デザイン」
上記の事から分かる事は、意外とデザインを重視している方が多いということ。
利便性も大事ですが、やっぱり家の印象も大切ですよね。
確かに切妻屋根は、昔からある屋根であり個性的とは言えません。
しかし、それも視点を変えればまた異なる見方ができるのではないでしょうか。
例えば、配色や素材で個性を出すなど…。
形にこだわりすぎて便利性が失われてしまえば、かえってコストがかかってしまったり
生活しづらいなんて事もあります。
その為、しっかりとご家族の方と相談することをオススメします。

お住まいの事でお困りごとやお悩みごとがありましたらお気軽に弊社へお問い合わせください。