オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > Q&A > 外壁塗料と屋根塗料の耐久年数が違うのはなぜ? 豊田市 オケ…

外壁塗料と屋根塗料の耐久年数が違うのはなぜ? 豊田市 オケゲン

Q&A 2019.07.15 (Mon) 更新

皆さん、こんにちは!

皆さん、工事を行うにあたってたくさんの疑問が生まれてくると思います。
塗装工事の場合、やはり金額や保証内容、塗料の種類など様々なご質問を頂きます。
その中で良く「同じ塗料なのに外壁と屋根では耐久年数が違うのはどうして?」と
お客様から聞かれます。
そんな疑問に私が簡単にご説明したいと思います。

Q:外壁と屋根では塗料の耐久年数が違うのはなぜ?

A:屋根は直接、紫外線や雨・風にさらされるので外壁よりも耐久年数が短くなります

屋根は、外壁よりも劣化するのが早いのでしっかりと塗料の耐久年数を確認することをオススメします。
塗料の種類によって耐久年数が異なってきます。

弊社では、お客様のお悩みや疑問などをしっかりとヒアリングしお客様に合った
プランをご提案できるように徹底しています!

外壁屋根塗装をお考えの方やお住まいの事でお困りの方は是非、お気軽にお問い合わせください!