オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > 塗料について 豊田市 オケゲン

塗料について 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.05.19 (Sun) 更新

皆さん、こんにちは!

今回は、皆さんが一番気になっているであろう塗料について掘り下げていこうと思います!

外壁塗装・屋根塗装はものに残らない工事になるので何が何だかわからない方が多いと思います。
前回紹介したシリコンフッ素無機と塗料だけ見ても違いが判らないと思います。
ではなんで見た目も一緒なのに耐候年数が違うのか。このことについて話していこうと思います!

唯一違うのが中に入っている粒子の数の違いです。
これによって耐候年数が変わってきます。
中に入っている粒子の数が多いほうが耐久年数が高くなります。
塗料の主な劣化原因は紫外線によるものです。
なので中に入っている粒子が多ければ多いほど紫外線を多く反射してくれるので耐候年数が高くなります。

次にいざ塗装をするとなったときに一番悩むであろう色決めについてお話しようと思います。
外壁・屋根に塗る塗料の色の種類は約600色近くあります。
この中から一色を決めるのはいろいろと悩むだろうし難しいと思います。
そこで一つのアドバイスとして先ほど話した耐候年数を考えながら色の提案をしたいと思います。
せっかく高いお金を出して塗装をしたのに早い段階で劣化したら意味がないと思います。
もし色決めで迷ったら白系統をおススメします!
ではなぜ白色なのか。
先ほど言ったように塗料の劣化の原因は紫外線によるものです。
黒色は紫外線の反射率が低く、白色は紫外線の反射率が高いのです。
なのでもし塗料の色決めで迷ったときは白系統を選んでみてはいかがでしょうか!
もちろん一番はお客様が気に入った色で塗装するのがいいのですがもし迷った際はぜひこのことを思い出してみてください。笑

いかがだったでしょうか!
今回は塗料の事について少し掘り下げてみました!

お住いでお困りの事、気になる事がありましたらお気軽にお問い合わせください!