オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ > 外壁屋根塗装の豆知識 > なぜ、外壁塗装の浮きや剥がれが起きるの?part1 豊田市…

なぜ、外壁塗装の浮きや剥がれが起きるの?part1 豊田市 オケゲン

外壁屋根塗装の豆知識 2019.05.16 (Thu) 更新

皆さん、こんにちは!

突然ですが…皆さん!
どうして、外壁塗装の浮き剥がれが起きるのかご存知ですか?
新しく家を購入して約10年。
そろそろ外壁や屋根の塗装時期という事で、多額の費用をかけて全て綺麗にしてもらったからしばらくは安心だろうと思っていたところ…。
施工から数ヶ月後に、浮きや剥がれが見られる箇所を発見!
 
多額の費用をかけて工事したのに、なぜこのようなトラブルが起きてしまったのでしょう。

今日は外壁塗装の浮きや剥がれの原因について6つある中で3つご紹介したいと思います!(^^)

 
原因1:塗料の乾燥不足によるもの

外壁塗装は塗っていく際に、下塗り・中塗り・上塗りと工程を3回に分けて行います。
そして、それぞれ塗装後にしっかり乾燥させて塗膜が密着するのを待つ必要があります。
しかし、乾燥を十分に行わないで重ね塗りをした場合、塗膜が十分に密着せず完全に塗膜が完成していない為、剥がれなどの原因につながります。
実は、外壁塗装や屋根塗装では乾燥時間がとても重要となってきます。

原因2:洗浄不足によるもの

外壁塗装を行う前にとても重要な作業があります。
それは、高圧洗浄による汚れの除去です。
壁や屋根は毎日、雨や風にさらされている為とてもダメージを受けています。
また、葉っぱやゴミが付いていたり、苔が生えていたりなど少なからず汚れが付着しています。
これらの不要なものをしっかりと洗浄して落とさないと、しっかりとした塗膜が作られていない他、ゴミがついたまま仕上がると見栄えも悪くなります。
頑固な汚れが付着している場合は、バイオ洗浄と呼ばれる特殊な洗剤を使用する事があります。


原因3:下処理不足によるもの

外壁塗装の工程では高圧洗浄の後に、下処理と呼ばれる外壁面を綺麗にする作業を行います。
この時に、浮きや剥がれなど塗装する前に補修しておく箇所があればここで処理しておきます。
もし何かしらの補修が必要な劣化症状が見られる場合、ここで対処をせずに塗装をしてしまうとしっかりと塗膜が密着せず、すぐにダメになってしまうだけでなく、さらに酷い劣化がみられる場合もあります。

オケゲンでは、施工中・施工後にトラブルが起きないよう職人さん達と連携を取り、常に現場の様子を把握できるよう現場管理を徹底しています!

次回は、残り3つの塗装の浮き・剥がれの原因についてご紹介します(^^)
お楽しみに!!!