オケゲンの活動ブログオケゲンの活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > オケゲンの活動ブログ

オケゲンの活動ブログ 記事一覧

外壁塗装って何年もつの? 豊田市 オケゲン

外壁塗装って何年もつの? 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は「外壁塗装の耐用年数と塗料の種類」についてご紹介致します。 ~外壁塗装の耐用年数と種類~ 塗料の種類 耐用年数 特徴 アクリル系 4~7年 ・耐久度が低いが、コストパフォーマンスが高い ・他塗料と比べると、汚れやすい ウレタン系 6~10年 ・汚れや色あせに強い ・耐久度は安定する ・コストパフォーマンスが高い シリコン系 8~15年 ・耐久性は抜群に良い ・屋根、外壁の塗り替えに人気 ・汚れや色落ちに強い ・防カビ、防藻性などの効果がある 光触媒塗料 12~15年 ・耐久度はトップクラス ・雨や太陽光など、自然の力で綺麗になる効果がある ・塗装工事にコストがかかる フッ素系 15~20年 ・光沢感と防汚性に優れている ・主に商業施設やビルなどに使われる ・耐用年数は優れているが、コストが高い 以上のように、耐久年数は アクリル系<ウレタン系<シリコン系<光触媒塗料<フッ素系  の順になりした。 弊社ではお客様の住宅環境、予算に応じ、適切な塗料をご提案致します。 外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。 (2020.01.17 更新) 詳しく見る

防汚塗料の種類と費用について 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、前々回から紹介している防汚塗料の種類と費用についてお話したいと思います。 ★種類と費用★ ①:光触媒塗料→まず、防汚塗料で特に効果が高い(機能性に優れている)のは光触媒塗料になります。光触媒塗料は、とても高い耐久性を誇っており耐用年数が10年~15年となっています。大きな特徴としては、太陽光で汚れを浮かし雨で勝手に汚れを落としてくれるので、メンテナンスが楽になるという特徴があります。仕組みとしては、太陽光にあたる事で酸化チタンが活性酸素を作り汚れを分解する事で、雨が降った時に雨と一緒に汚れも流れキレイになるという流れです。耐用年数も他の塗料に比べて長く、防カビ性や抗菌作用なども期待できる優秀な塗料になります。価格は、5000円~5500円/1㎡あたりとなっています。 ②:シリコン系塗料→シリコン系塗料といえば、外壁塗装の中でもよく使われるメジャーな塗料です。なぜ、人気なのかというと費用面でのリーズナブルさに加えて耐久性や防汚性などが高いからです。価格からしてもその機能性の高さは、他の塗料を圧倒していると言っても良いくらいの塗料です。耐用年数は、7年〜15年と光触媒塗料に比べるとやや短い気もしますが、価格は2300円~3500円/1㎡あたりとなっています。 ③:フッ素系塗料→フッ素系塗料は、耐久性・耐熱性・耐寒性など外部からのダメージに強いという特徴がある塗料になります。耐用年数は、10年〜15年程度となっている為とても耐久性に優れています。価格は、3500円〜5000円/1㎡あたりとなっています。大型施設やビルなどに使われる事が多いです。 外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。 (2019.12.25 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

防汚塗料の効果と特徴 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、以前紹介した【防汚塗料】の効果と特徴についてお話したいと思います。 ①:高い耐久性→皆さんは、外壁塗装といえばどのようなイメージを持っていますか?まだ、新築購入してから間もないという方にとっては関係のない話に聞こえますが実は、外壁塗装の塗り替え時期は10年に1回と言われています。仮に15年も塗り替えを行っていない場合、どこかしら劣化症状が見られている事が多いです。塗料によってこの塗り替え時期は変わってきます。その中でも防汚塗料を使用する事で、この塗り替えを行うタイミングを少しだけ延ばすことができます。というのも、高い耐久性を誇っており通常の塗料に比べて耐用年数が高い為です。常に太陽光や風、雨などにさらされている外壁だからこそ傷むのもとても早いです。このような外部からの刺激に耐える力を持っているのが【防汚塗料】なのです。 ②:親水性の高さでセルフクリーニング→防汚性の高さは【親水性】にあるのです。親水性とは、「水と親和性が大きい事」、「水と結びつきやすい事」、「水に溶けやすい事」という意味です。つまり、親水性が高いという事は水と結びつきそのまま汚れと共に流れるという事になります。その為、防汚塗料はこの親水性の高さからセルフクリーニング機能を持っているという事になります。ちょっとしたホコリや土などの汚れであれば、水と共に流れ落ちていきますので少しの水で流すだけや場合によっては雨によっても綺麗になります。 ③:長期的な視点でのコストパフォーマンスの高さ→ここまで見てきて【防汚塗料って凄い塗料なのでは?】なんて思った方もいるかと思います。実際に機能性は高く素晴らしい塗料ですが、初期費用という点で言えばその他の塗料よりやや高めです。ただし、初期費用は多少高くつくものの他の塗料とは耐久性が異なりとても高い為、塗り替え時期を延ばすことができるので、長期的に見ればコストパフォーマンス的には高い塗料と言えるでしょう。目先の費用だけにとらわれずに、長期的な視点で塗料を選択する事もトータルコストを減らすポイントとなります。 次回は、防汚塗料の種類についてお話しをしたいと思います。 お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2019.12.22 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

防汚塗料とは? 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、【防汚塗料】についてお話したいと思います。 塗装工事を行う際に使用される塗料にはたくさんの種類があり、様々な特徴があります。また、塗料によって耐久年数なども変わってきます。では、【防汚塗料】とはどんな塗料なのかご説明していきたいと思います。 ☆防汚塗料とは☆→外壁を汚れにくくする効果だけじゃなく、メンテナンスが楽になったり通常の塗料に比べても、次の塗装までの期間を遅らせることが可能となる塗料になります。 なぜ、そのような効果があるかというと、主に『親水性』によるところが大きいです。 塗料は、性質や特徴によって種類が細かく分かれています。気になる塗料がありましたらお気軽にスタッフにお聞きください。ショールームには、たくさん塗料の資料があります。是非、お気軽にご来店下さい。 お住まいの事ならオケゲンへ!! 次回は、特徴についてお話したいと思います。 お楽しみに! (2019.12.16 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

爆裂の補修工事の方法について 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、爆裂の補修工事の方法についてお話したいと思います。 ☆補修工事の方法☆ ①:爆裂の箇所をチェック→まずは、外壁のどの部分に爆裂が起きているかを調査します。この時に、下記の箇所を調査していきます。・コンクリート内部からサビた水が流れている ・鉄筋が腐食して、サビが膨張してコンクリートが浮いている部分 ・コンクリートが剝がれて鉄筋が露出している部分 ②:サビを綺麗に落とす→補修箇所をハンマー等で落として、鉄筋を露出させブラシなどでサビを落としていきます。この時、綺麗にサビを落とさないと再発する可能性があります。その後、サビ止めをコンクリートや鉄筋に塗布します。これで防錆処理をきっちりと行います。 ③:エポキシ樹脂モルタルで埋めて補修→防錆処理を行った後は、エポキシ樹脂モルタルで埋め合わせていきます。小さな爆裂があれば一度で終了しますが、大きい場合は数回に分けて充填していきます。最後は、塗装をして補修したら終了です。 弊社では、お客様のお悩みに合わせてプランをご提案いたします!お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2019.12.14 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

外壁の爆裂が発生する原因 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、『爆裂が発生する原因』についてお話したいと思います。 ☆外壁の爆裂が発生する原因☆ ①:経年劣化によるヒビ割れから発生する場合→皆さんは、外壁塗装が約10年に1度は行うべきだとご存知ですか?もちろん使用した塗料などによってこの年数は変わってきますが、基本的には一般の戸建てにおいては、10年に1度がベストな塗替え時期だと言われています。経年劣化によって劣化が発生したり、塗料の耐久性が落ちて時間が経過する事で外壁にひび割れ(クラック)などが発生したりします。一見、ひび割れなんか大した事なく見える場合もありますが、そのまま放置しておくとひび割れが原因で『爆裂』が発生する可能性があります。爆裂は、内部の鉄筋が錆びる事で起きるため、外壁内部へ雨水が侵入するような状態は決して放置しないでください。 ②:台風などの自然災害で発生する場合→爆裂は、経年劣化以外に大きな台風や地震などの自然災害によって発生する可能性もあります。地震や台風などで建造物自体が揺れたりする事で、外壁にダメージが及ぶ為それが原因となり、ひび割れなどが発生し『爆裂』が起きる可能性があります。自然災害での爆裂に関しては保険が効く可能性があるので一度、ご相談ください。 お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2019.12.12 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識
爆裂とは? 豊田市 オケゲン

爆裂とは? 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、【爆裂】についてお話したいと思います。 まず、皆さんは【爆裂】という言葉を耳にしたことはありますか?ネットで爆裂と検索すると「爆発の作用で物体が片々に裂けて飛び散る事」という意味がでてきます。 建築業界で使われる【爆裂】とは、コンクリート内部の鉄筋がサビてしまい外にむき出しになってしまった状態の事を言います。 では、何故このような状態になってしまうのかというと、コンクリート建造物の外壁表面は長い期間に渡って、劣化が進行したことにより発生するクラック(ヒビ割れ)から侵入する雨水などによって、内部の鉄筋がサビてしまいます。そして、サビてしまった鉄筋は少しずつ体積を膨張していき、これらが原因となってコンクリート内部で破裂してしまうというのが発生の要因になります。 この【爆裂】を放置しておくと大変危険です。放置したままにしておくと、下記のような影響が考えられます。 ・コンクリートの一部(塊)が落下する可能性 ・外壁の墜落の可能性 ・建造物内部への深刻なダメージと劣化 これらは大変危険であり、修繕費用も高くなる可能性があります。それだけではなく、墜落した外壁やコンクリートの塊が人に落下したら最悪の場合、死に至る可能性もあります。もし、お家の外壁にヒビ割れを見つけたら弊社へお気軽にお電話ください。迅速かつ丁寧に対応致します。 (2019.12.07 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

外壁塗装の模様 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、【外壁塗装の模様パターン】についてお話したいと思います。 ☆模様パターン☆ ①:さざ波模様→粘度の高い塗料を塗布していくことで出来上がる模様になります。ゆず肌よりも凹凸感があるのが特徴です。 ②:リシン仕上げ→専用の器具を使って施工する吹き付け塗装になります。骨材に混ぜられた砂などによって、表面がザラザラしているのが特徴です。 ③:凸状模様→外壁に吹き付けをした後、コテやローラーで押さえたりする施工方法になります。その他にも、仕上げ材が乾燥した後にサンダーを使ってカットする方法もあります。 ④:凹凸模様→外壁仕上げ材を専用ガンで吹き付ける方法の他、厚塗りした後で専用ローラーを使って模様をつける方法があります。 ⑤:スタッコ模様→大理石や砂などの骨材を混ぜ吹き付けて行う方法です。表面は、ザラザラであり凹凸があるのが特徴です。 お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2019.12.06 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識

ゆず肌仕上げにする際にオススメの色 豊田市 オケゲン

皆さん、こんにちは! 今回は、【ゆず肌仕上げにする際にオススメの色】についてお話したいと思います。 ゆず肌仕上げにする際にまず考えるのは塗料の色ですが、こちらに関してはこの工法上、外壁表面の表情を楽しむことや様々な雰囲気を楽しめるという特徴があるので基本的には濃い色にしない方が良いとされています。その為、色の選択は淡い色がオススメです。 弊社では、カラーシュミレーションで実際にお家に塗ったイメージ図を無料でお試しできます。色でお悩みの方は、一度試してみてください(^^) お住まいの事でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。 (2019.12.05 更新) 詳しく見る
外壁屋根塗装の豆知識